「空港アクセス情報」カテゴリーアーカイブ

2016年版 カルガリー空港からカナディアンロッキー、バンフ、レイクルイーズへ自力でアクセスする方法

ウォーターファウルレイクスの横を走るブリュースターのバス。ちなみにこの湖はコロンビア大氷原への途上にあり、カルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズの途上で見られるものではありません。
ウォーターファウルレイクスの横を走るブリュースターのバス。ちなみにこの湖はコロンビア大氷原への途上にあり、カルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズの途上で見られるものではありません。

カナディアンロッキーの人気観光地であるバンフとレイクルイーズ。その玄関口になるのがカルガリー空港です。パッケージツアーではなく、個人旅行の場合、このカルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズへのアクセスがカナディアンロッキーへの第一歩。このアクセス方法についてはかなり前に記事にしましたが、今回新たな情報を加え、刷新しました。 続きを読む

バンクーバー~ビクトリアを最速で移動!水上飛行機の長所、短所などを他の交通機関と徹底比較!

バンクーバー~ビクトリアの水上飛行機を運行するハーバーエアの水上飛行機 (C) Tourism Vancouver, Harbour Air

日本ではイマイチ馴染みのない水上飛行機ですが、カナダでは海沿いはもちろんのこと、内陸部でも湖や河川が多いため、水上飛行機が活躍しています。観光で考えた場合、最も利用価値の高いのが、ビクトリアからバンクーバーへの移動。他の交通手段と比較して、その特徴をご紹介します。

長所

他の追随を許さない圧倒的な速さが自慢です。水上飛行機だと移動時間は30~35分で、しかもターミナルはダウンタウン内といっても良いほどの立地条件。他の交通手段と比較して、その差を確認してみましょう。
続きを読む

ビクトリア空港アクセスガイド。市バス、シャトル、タクシーで比較。

ビクトリア空港の外観。ターミナルはバスステーションかと思うほど小規模 (C) Ryan Bushby (H at en.wikipedia) (Transferred from en.wikipedia.) [CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)], via Wikimedia Commons
ビクトリア空港の外観。ターミナルはバスステーションかと思うほど小規模 (C) Ryan Bushby (H at en.wikipedia) (Transferred from en.wikipedia.) [CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)], via Wikimedia Commons

バンクーバーからフェリーでアクセスすることも多いビクトリアですが、カルガリーなどからの直行便での到着など、フライトでの到着パターンもあります。今回はそのビクトリア空港とダウンタウンのアクセスについてご紹介します。 続きを読む

トロント空港からナイアガラの滝へ自分でアクセスする方法

(C) Niagara Falls / Alberto Mari
(C) Niagara Falls / Alberto Mari

世界有数の観光地であるナイアガラの滝。そして、最寄りの空港はカナダ最大の都市であるトロント。当然、シャトルバスも頻繁に運行されている・・・と思いきや、これが実は非常に不便。まず、時刻表があって決まった時間に出発するシャトルバスはないというのが最大の難点。その他にも手段はありますが、選択肢が非常に限られます。

今回はそんなトロントとナイアガラを結ぶ、アクセス事情についてご説明します。 続きを読む

オーロラ観光の玄関口。ホワイトホース空港完全ガイド

055

最初にお断りなんですが、上の写真のように、この空港ものすごく小さいです。地方のバスターミナル並の大きさ。
とはいえ、旅行で初めて来られる方にしてみたら、どんなところかのか、とりあえず知っておきたいところ。それに、この空港には公式サイトというものが存在せず、ユーコン準州政府サイト内で紹介されているに過ぎず、あまりに情報量が少な過ぎ。

というわけで、たとえバスターミナル並の大きさでも、この空港(正確には「エリック・ニールセン・ホワイトホース国際空港」)を隅から隅までご紹介したいと思います。 続きを読む

シアトル~バンクーバーには、どんなアクセスがある?

成田~シアトル線に利用される、全日空のボーイング787 (C) All Nippon Airways B787-8.jpg - スカイライナー
成田~シアトル線に利用される、全日空のボーイング787 (C) All Nippon Airways B787-8.jpg – スカイライナー

バンクーバーへは成田から直行便が飛んでおり、3月終わりには羽田からの全日空も就航するため、1日3便のフライトがあるのですが、それでもピークシーズンにはかなり取りづらくなります。そんな時には経由便を利用することになるのですが、その候補の一つがシアトル経由。成田から全日空とデルタ航空。そして、デルタ航空は羽田からの便もあります。そんなシアトルはバンクーバーに最も近いアメリカの大都市ということで、様々なアクセス方法があります。

今回は、そのシアトル~バンクーバーのアクセス方法についてご紹介します。 続きを読む

エドモントン空港アクセスガイド。747系統バス+LRT、タクシー、シャトルバスを比較検証

新装なったエドモントン空港。店も多くなったので、多少暇つぶしできるかも。
新装なったエドモントン空港。店も多くなったので、多少暇つぶしできるかも。

アルバータ州の州都であるエドモントン。エドモントン自体は観光需要が少ないところですが、ジャスパーへのアクセスや、イエローナイフへの中継地点として、しばしば使用される空港です。

今回は、このエドモントン空港からダウンタウンへのアクセスを紹介します。 続きを読む

ウィスラーへのアクセスを値段と所要時間で比較

whistler roundhouse viewwhistler roundhouse view / Tim in Sydney

ウィスラーと言えば、北米随一のゲレンデで、スキー、スノボ天国。ただ、管理人は夏のウィスラーの方が好きです。

さて、このウィスラーへは公共交通機関を使う限り、どのような方法にせよ、すべてバンクーバーからのアクセスとなり、そんなにたくさんの方法があるわけではありませんが、それぞれの長所や短所を挙げながら、比較してみたいと思います。 続きを読む

モントリオール空港アクセスガイド。安くて便利な747系統バスとタクシーの使いどころを検証

ケベック州、メープル街道の玄関口として知られているモントリオール。カナダでも2番目に大きな都市であるモントリオール空港の正式名称はモントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港。トロント空港もそうですが、ここでも地元出身の元首相の名前が取られています。

では、今回の記事では、このモントリオール空港からダウンタウンへのアクセスを紹介します。 続きを読む

トロント空港アクセスガイド。列車、シャトルバス、地下鉄&バス、タクシーと、トロント空港からダウンタウンへのアクセス方法を徹底比較!

カナダ東部地方の玄関口と言えば、トロント。ナイアガラへの玄関口としても利用されるカナダ最大の空港で、正式名称はレスター・B・ピアソン国際空港。地元出身の元首相の名前が取られていますが、北米では多いですね、政治家の名前が付いた空港。カナダではモントリオール空港もそうです。

では、今回の記事では、このトロント空港からトロントのダウンタウン、そしてナイアガラへのアクセスを紹介します。 続きを読む

カナディアンロッキー・ジャスパーへ自力でアクセスする方法。安さと快適性で比較。

カナディアンロッキーと言えば、カルガリーからバンフまたはレイクルイーズへ入る方法が一般的。ただ、カナディアンロッキーにはジャスパーというリゾートもあり、こちらのアクセスはあまり知られていません。今回の記事では、主にバンクーバー出発を念頭において、いくつかのアクセス方法をご紹介したいと思います。 続きを読む