「バス情報」カテゴリーアーカイブ

2016年版 カルガリー空港からカナディアンロッキー、バンフ、レイクルイーズへ自力でアクセスする方法

ウォーターファウルレイクスの横を走るブリュースターのバス。ちなみにこの湖はコロンビア大氷原への途上にあり、カルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズの途上で見られるものではありません。
ウォーターファウルレイクスの横を走るブリュースターのバス。ちなみにこの湖はコロンビア大氷原への途上にあり、カルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズの途上で見られるものではありません。

カナディアンロッキーの人気観光地であるバンフとレイクルイーズ。その玄関口になるのがカルガリー空港です。パッケージツアーではなく、個人旅行の場合、このカルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズへのアクセスがカナディアンロッキーへの第一歩。このアクセス方法についてはかなり前に記事にしましたが、今回新たな情報を加え、刷新しました。 続きを読む

バンクーバーからビクトリアへの一番お手軽な移動手段。バスごとフェリーに乗るから便利で確実!パシフィックコーチラインズ

前回の記事で、市バスなどの公共交通機関を使ってビクトリアまで自力で行く方法をご紹介しましたが、今回の記事ではバンクーバーからビクトリア直行の長距離バス、パシフィックコーチラインズをご紹介します。

パシフィックコーチラインはバンクーバーダウンタウンからビクトリアダウンタウンへのバスの運行サービスを取りやめました。代わって、BC Ferries Connectorという会社が同じルートでバスを運行しています。
BC Ferries Connector 公式サイト(英語)
フェリー船中から乗車以外、乗車は要予約となっております。事前に上記サイトからチケット購入をお済ませください。

続きを読む

トロント空港からナイアガラの滝へ自分でアクセスする方法

(C) Niagara Falls / Alberto Mari
(C) Niagara Falls / Alberto Mari

世界有数の観光地であるナイアガラの滝。そして、最寄りの空港はカナダ最大の都市であるトロント。当然、シャトルバスも頻繁に運行されている・・・と思いきや、これが実は非常に不便。まず、時刻表があって決まった時間に出発するシャトルバスはないというのが最大の難点。その他にも手段はありますが、選択肢が非常に限られます。

今回はそんなトロントとナイアガラを結ぶ、アクセス事情についてご説明します。 続きを読む

トロント~モントリオールの移動、航空機、列車、バスを料金と所要時間で比較

toronto

カナダの一番大きな都市トロントと二番目に大きな町モントリオール。まさに経済の中心で、カナダの大動脈とも言える区間ですが、メープル街道の紅葉ツアーを始め、カナダの観光にも欠かせないルートのひとつです。

パッケージツアーで参加すれば、この区間は大半が航空機。または、変化を付けるためにVIA鉄道の利用といったところですが、長距離バスも高頻度で運行されており、自分で旅行するなら、バスも考慮に入れたいところ。

そんなわけで、今回の記事では、トロント~モントリオール間を移動するのに利用可能な、航空機、VIA鉄道、バスを比較していたいと思います。 続きを読む

モントリオール~ケベック間の移動。バスと鉄道を比較

モントリオールとケベックを結ぶバス、ORLÉANS EXPRESS (C) Station centrale d'autobus, Montréal / abdallahh
モントリオールとケベックを結ぶバス、ORLÉANS EXPRESS (C) Station centrale d’autobus, Montréal / abdallahh

モントリオールからケベックへは日帰りでの観光が可能です。ツアーに参加するのではなく、自分で行ってみよう!という方は、鉄道か長距離バスが移動手段となります。そこで、この2つをいろんな角度から、比較してみます。 続きを読む

これは使える!ナイアガラの新しいシャトルバス、WEGO(ウィーゴ)。自力で回るナイアガラ観光にぴったり!

ナイアガラの滝は観光ポイントは滝周辺に集中していますが、全部歩くには少々距離があります。それに冬場はもちろん、春秋でも朝晩は冷え込み、歩きは結構つらい。それにスパニッシュエアロカーのように、ちょっと滝から外れたエリアにも見どころがあります。こうしたポイントを自分で回るには、バスなどの公共交通機関の利用が不可欠。ナイアガラでは、これまでピープルムーバー↓というバスが走ってました。 続きを読む

メープル街道の紅葉ツアー最大の見所、モントランブラン、ローレンシャン高原へ自力でアクセスする方法

カナダの秋といえば、メープル街道の紅葉ツアー。ナイアガラ、トロント、モントリオール、ケベックなどの主要都市、観光箇所を回りますが、何といっても欠かせないのがローレンシャン高原!その中心地とも言えるモントランブランは瀟洒な高原リゾートしても人気が高いですし、ツアーの宿泊箇所にも利用されます。ただ、このモントランブランは他の都市に比べ、非常にアクセスしづらい場所。最寄の都市であるモントリオールからもやや離れており、公共のバスなどを使ったアクセス方法があまり知られていません。

足はちゃんとありますが、乗り換えが必要で、非常に分かりづらいです。 続きを読む

カナディアンロッキー・ジャスパーへ自力でアクセスする方法。安さと快適性で比較。

カナディアンロッキーと言えば、カルガリーからバンフまたはレイクルイーズへ入る方法が一般的。ただ、カナディアンロッキーにはジャスパーというリゾートもあり、こちらのアクセスはあまり知られていません。今回の記事では、主にバンクーバー出発を念頭において、いくつかのアクセス方法をご紹介したいと思います。 続きを読む

機中1泊オンリー!バンクーバーからナイアガラへの弾丸ツアー、サンプル日程。霧の乙女号も、もちろん乗船可能!

前回の記事で、バンクーバーからカナディアンロッキーへのバス1泊という無茶な日程をご紹介しましたが、今度はナイアガラで考えてみましょう。さすがにかなり厳しい日程になりますが、「こういうこともできるんだ」という一例としてお考えください。実際、私の友人のように、バンクーバーからナイアガラへ日帰りで行きたいといった人もいるくらいですから・・・ 続きを読む

バンクーバーからカナディアンロッキーへ!夜行バス1泊で行く、弾丸カナディアンロッキー・サンプル日程

バンクーバーで観光ガイドをしていたころ、お客様から

「カナディアンロッキーへ日帰りで行きたいんですけど」

というご希望を聞いたことがありました。また、バンクーバーの周囲に見えている山を指して、

「あれはカナディアンロッキーですか?」

という質問を受けたこともありました。 続きを読む

カルガリー空港からカナディアンロッキー、バンフ、レイクルイーズへ自力でアクセスする方法

カナディアンロッキーの玄関口と言えば、カルガリー空港。夏季は成田からの直行便も運航されていますし、西玄関口のバンクーバーからも国内線で1時間半弱と、日本からのアクセスも良い空港です。パッケージツアーではなく、自分でこの空港からカナディアンロッキーの中心地バンフやレイクルイーズへアクセスするには、どのような方法があるのか?というのが今回のお題。運行会社はロッキーの老舗バス会社であるブリュースター(Brewster)とバンフエアポーター(Banff Airporter)の2社。料金や運行頻度、その他サービス内容で比較してみましょう。 続きを読む