「公共交通機関」カテゴリーアーカイブ

2016年版 カルガリー空港からカナディアンロッキー、バンフ、レイクルイーズへ自力でアクセスする方法

ウォーターファウルレイクスの横を走るブリュースターのバス。ちなみにこの湖はコロンビア大氷原への途上にあり、カルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズの途上で見られるものではありません。
ウォーターファウルレイクスの横を走るブリュースターのバス。ちなみにこの湖はコロンビア大氷原への途上にあり、カルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズの途上で見られるものではありません。

カナディアンロッキーの人気観光地であるバンフとレイクルイーズ。その玄関口になるのがカルガリー空港です。パッケージツアーではなく、個人旅行の場合、このカルガリー空港からバンフまたはレイクルイーズへのアクセスがカナディアンロッキーへの第一歩。このアクセス方法についてはかなり前に記事にしましたが、今回新たな情報を加え、刷新しました。 続きを読む

ビクトリア空港アクセスガイド。市バス、シャトル、タクシーで比較。

ビクトリア空港の外観。ターミナルはバスステーションかと思うほど小規模 (C) Ryan Bushby (H at en.wikipedia) (Transferred from en.wikipedia.) [CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)], via Wikimedia Commons
ビクトリア空港の外観。ターミナルはバスステーションかと思うほど小規模 (C) Ryan Bushby (H at en.wikipedia) (Transferred from en.wikipedia.) [CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)], via Wikimedia Commons

バンクーバーからフェリーでアクセスすることも多いビクトリアですが、カルガリーなどからの直行便での到着など、フライトでの到着パターンもあります。今回はそのビクトリア空港とダウンタウンのアクセスについてご紹介します。 続きを読む

ビクトリアのインナーハーバーを海上移動。ビクトリアハーバーフェリー

エンプレスホテル前を行く、ハーバーフェリー。
エンプレスホテル前を行く、ハーバーフェリー。

英国情緒あふれる町、ビクトリア。その中心地といえば、インナーハーバーで、水上飛行機やホエールウォッチングのボートが行きかう忙しい港です。その周囲には町の見どころである州議事堂やロイヤルBC博物館などが立ち並び、アフタヌーンティーで有名なエンプレスホテルも、この港に面したロケーション。

ビクトリア宿泊で中心地に宿泊できれば良いのですが、インナーハーバー沿いにもデルタオーシャンポイント、コーストハーバーサイドといったホテルが立ち並びます。歩いて移動することも可能な距離ですが、その移動でおススメしたいのが、今回ご紹介するビクトリアハーバーフェリー。海上移動することで、ちょっとした港巡りの気分も味わえます。 続きを読む

市バスとフェリーで行く。自力でバンクーバーから日帰りビクトリア観光への行き方。オプショナルツアーとの価格差や時間のロスは?

今回のお題はバンクーバーからのオプショナルツアーの定番、「日帰りビクトリア1日観光」。12時間に及ぶ長いツアーで、ブッチャートガーデンやビクトリアのダウンタウンでの自由時間が含まれているのがほとんど。これを市バスなどの公共交通機関だけを利用して行った場合、どれくらい安くなるのか?また、時間のロスやその他のデメリットは?というテーマで考えてみます。 続きを読む

バンクーバーの観光地のほぼ全てにアクセス可能!バンクーバーの公共交通機関トランスリンク

バンクーバーを回る上で欠かせないのがトランスリンク(translink)。バス、スカイトレイン(電車)、シーバス(連絡船)、ウェストコーストエクスプレス(通勤用の中距離列車)を運行し、バンクーバーと周辺都市の重要な公共交通機関になっています。空港へのシャトルバスなどは除き、市内の公共交通機関と言えば、トランスリンク以外にはなく、日本のように私鉄会社が運行するようなバスもありません。つまり、これさえ乗りこなせば、バンクーバーの移動はほぼ問題なしと言えます。
今回の記事では、このトランスリンクのホームページの使い方や、トランスリンクの1日乗車券であるデイパスの元を取るにはどのくらい乗れば良いか?などをまとめてみたいと思います。 続きを読む

カルガリー空港からカナディアンロッキー、バンフ、レイクルイーズへ自力でアクセスする方法

カナディアンロッキーの玄関口と言えば、カルガリー空港。夏季は成田からの直行便も運航されていますし、西玄関口のバンクーバーからも国内線で1時間半弱と、日本からのアクセスも良い空港です。パッケージツアーではなく、自分でこの空港からカナディアンロッキーの中心地バンフやレイクルイーズへアクセスするには、どのような方法があるのか?というのが今回のお題。運行会社はロッキーの老舗バス会社であるブリュースター(Brewster)とバンフエアポーター(Banff Airporter)の2社。料金や運行頻度、その他サービス内容で比較してみましょう。 続きを読む

安さと所要時間で徹底比較!バンクーバー空港からダウンタウンへのアクセス

スカイトレインの空港アクセス、カナダライン

個人旅行でバンクーバーに来たら、まず空港からダウンタウンへ向かうのが一般的でしょう。そこで、一般的に知られているアクセス方法を値段と時間、メリット、デメリットなどを合わせて比較してみます。

スカイトレイン・カナダライン(SkyTrain Canada Line)

バンクーバー空港とダウンタウンを結ぶ新交通システム。平たく言えば、電車です。駅は空港ターミナルの目の前にあり、見逃すことはありません。値段で言えば、これが最安値。 続きを読む