ツアーで行くか、自力で行くか? 徹底比較、キャピラノ吊り橋、グラウスマウンテン編

キャピラノ吊り橋 (C) BC州観光局

オプショナルツアーと個人で行くと、どれくらい料金が違うのか?また、それぞれの長所、短所は?こういった疑問にお答えするシリーズ第一弾は、バンクーバーの人気スポットであるキャピラノ吊り橋とグラウスマウンテンです。

オプショナルツアー

ほとんど全ての旅行会社が「ノースバンクーバー観光」、「ノースショア観光」などのツアー名で販売しています。内容もほぼ同じで、以下のようなものとなります。

所要時間:3時間~3時間半
価格帯:CAD$120~CAD$135
含まれるもの:グラウスマウンテンのゴンドラ代金、キャピラノ吊り橋の入場料、車両(バス、バンなどの移動手段)、日本語ガイド、税金、チップ
最少催行人員:2名

ほとんどのツアーが午前中に催行され、お昼には終了。グラウスマウンテンとキャピラノ吊り橋には、それぞれ45分から1時間程度の停車時間が見込まれます。
続きを読む

カムバック サーモン! バンクーバー近郊でのサーモン放流

以前、オールアバウトにて、カナダの秋の風物詩、サケの遡上ウォッチングという記事で紹介したストーニークリーク。バンクーバー近郊のバーナビー市の住宅地の中を流れる川ですが、今日サーモンの放流イベントが行われました。

大きな金属の箱の中にはサーモンの稚魚がいっぱい

続きを読む

チャイナエア(中華航空)関空~ニューヨーク線の直行便を就航

2011年4月28日より、チャイナエアがこれまで台北発アンカレジ経由でのニューヨーク(JFK)線を関空経由に変更し、4月28日より運航開始しました。
詳細記事(トラベルジャーナル)
チャイナエアのスペシャルサイト
これは関空から出発する初めての米国東海岸直行便であり、まさに悲願が達成された記念すべき日でもあります。

さて、関空からニューヨークが近くなったことはいいことなんですが、カナダにもちょっと関係してきます。というのも、現在どこの同盟にも加盟していないチャイナエアですが、昨年スカイチームへの加盟の意向書に調印しており、今年半ばにも正式加盟という運びになりそうです。 続きを読む

カナダ 5月のイベントまとめ

早いもので、4月も終盤に差し掛かりました。5月に入ると、いよいよカナダも本格的な夏シーズン(といっても、ほんとの夏が来るわけではありませんが)到来。イベントも増えてきますので、4月下旬または5月から始まるイベントで、めぼしいものをピックアップしました。(グルメ系イベントが大半です) 続きを読む

ナイアガラ観光と言えば、これ!霧の乙女号のオープン時期について

ナイアガラの観光と言えば、やっぱりこれ!
ナイアガラの観光と言えば、やっぱりこれ!

<4月26日追記>
5月4日に運航開始が決定しました。


通常ならば、この時期には運行を開始している人気アトラクションですが、今年は非常にオープンが遅れています。その理由としては、冬の寒さが厳しく、積雪量が多かったことが理由として挙げられますが、なぜ、いまだにオープンできないのかについてご説明します。 続きを読む

東日本大震災 ツアーキャンセル条件やその他関連情報

このたびの震災で大きな被害を被られた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

ツアーキャンセル、変更などについて

今回の震災におかれましては、被災地にお住まいの皆様の旅行キャンセル、被災地への救援活動参加によるキャンセル、計画停電実施による交通機関への影響など、各旅行会社が特例を設け、通常よりも緩和されたツアーキャンセルや変更を受け付けています。以下、大手旅行会社の対応を記したリンクです。 続きを読む

春カナダ 添乗員付きツアー比較

オーロラやスキーもありますが、カナダ旅行はやはり夏がピーク。夏シーズンと言えば、5月下旬から本格的なシーズンとなるのですが、各社ともに本格シーズン到来前の需要喚起の意味合いも込め、「春のカナダ」と銘打ったパッケージツアーを投入します。このシーズンは航空券やホテルなど、全て夏のピークに比べ格段に安いため、かなり魅力的な料金が付けられおり、夏には見られないパターンのツアーがあるのも特徴です。そんな中でもナイアガラ、カナディアンロッキー、バンクーバーの3つの見所を4泊6日で回る早周りツアーは夏にはあまりお目にかかれないパターンです。

続きを読む

JRパスを使って、東京~大阪間を夜行で移動

日本国籍の方へのJRパスの販売は2017年年3月末日で終了となります。
これまで諸外国で永住権を所持している方、日本国外に居住する外国人と結婚している方であれば、購入可能でしたが、今回の変更で販売は外国のパスポートを所持し、短期滞在で入国される方のみが対象となります。販売は3月末日ですが、引き換えは6月30日まで可能ですので、3月末日に購入し、6月に日本を旅行することは可能です

JRパスで夜行に乗ると寝台車を利用した場合、寝台料金+特急料金(もしくは急行料金)を取られてしまいます。割高ということもあって、どうしても敬遠されがちな夜行ですが、いくつか、追加料金なしで乗ることのできる夜行もあります。今回はJRパスだけで乗ることのできる夜行で、東京~大阪(京都も含む)間を移動する方法のご紹介です。 続きを読む

ジャパンレールパス、九州新幹線さくらには乗車可能。みずほは不可。

来月15日から全線開通する九州新幹線。それに伴い運行を開始する「みずほ」と「さくら」ですが、ジャパンレールパスではみずほの乗車が不可となることをJR西日本にて確認しました。条件はのぞみとまったく同じく、基本運賃すらカバーされませんので、乗車の際には、ジャパンレールパスはまったく関係ない、ということになります。

みずほについては、のぞみと同じ運賃体系を利用するというプレスリリースを見ましたので、いやな予感がしていましたが、やはり現実になりました。

現状、みずほの本数は少なく、所要時間の面ではかなり差が付くものの、さくら、またはひかり→つばめの乗り継ぎでも本数は確保されていますが、今後の利用状況などにより、みずほの本数が増え、さくらが減る・・・という東海道新幹線と同じパターンにはまる可能性もあり、少々心配。

東北新幹線はやぶさ JRパスで乗車可能を確認

<2月2日追記>
グリーンパスからグランクラスへの追加料金に誤りがありました。謹んでお詫びいたします。

———————————–

3月5日より運行が開始される東北新幹線最速の特急はやぶさですが、JR東日本からの回答にて、ジャパンレールパスでの乗車が可能との旨、確認いたしました。また、同様にJR Eastパスでも乗車が可能です。

ただし、この列車のウリであるグランクラスの乗車には、グランクラス席の代金のほかに、乗車区間相当分の特急料金も必要となりますので、ご注意を。主な区間の追加料金は以下の通りです。

東京~仙台 : 特急料金 4,810円 / グランクラス席料金 9,000円(グリーンパスからのアップグレードの場合、4,000円 通常のパスと同額)
東京~盛岡 : 特急料金 5,650円 / グランクラス席料金 9,000円(グリーンパスからのアップグレードの場合、4,000円 通常のパスと同額)
東京~新青森 : 特急料金 6,500円 / グランクラス席料金 10,000円(グリーンパスからのアップグレードの場合、4,000円 通常のパスと同額)

九州新幹線のみずほ、さくらについては少々お待ちください。