「エコノミークラス」タグアーカイブ

VIA鉄道周遊券(キャンレールパス)の徹底解説、その2東部編 VIA鉄道で行く格安メープル街道!

東部を走る路線は、VIA鉄道でも便数が多い。(C) VIA Rail

前回の投稿で、VIA鉄道周遊券を使ったカナダ全国を回る行程を組んでみましたが、今回は東部のみに絞った現実的な行程の紹介です。

Canrailpass – Corridor (キャンレールパス-コリドー)

このパスは東部近距離路線と呼ばれるオンタリオ州ウィンザーからケベック州ケベックシティまでが利用可能な範囲。片道7回分を有効期限10日間で使い切ります。その他の条件については、前回の投稿、並びに、以下の情報をご参照ください。 続きを読む

VIAレールの大陸横断列車カナディアン号を徹底解説!バンクーバー~ジャスパーの移動なら、この鉄道の旅がおススメ!

カナディアンロッキー最高峰のマウントロブソンとカナディアン号 (C) VIA Rail

バンクーバー~トロント間を4泊5日かけて結ぶVIAレールの大陸横断列車のカナディアン号。さすがに3泊4日となると、誰にでも楽しめますよ!とお勧めできるようなものではなく、よほど鉄道好きな方でないと楽しめないシロモノですが、1泊2日くらいなら、旅の楽しみのひとつとしてちょうど良い長さです。このカナディアン号では、バンクーバーとカナディアンロッキーの北玄関ジャスパーを結ぶ列車がちょうど1泊2日なり、アクセスしづらいジャスパーへの足にもぴったりです。途中にはカナディアンロッキー最高峰のマウントロブソンが拝めるかもしれないという絶好のルートを走り、車窓も楽しめるので、まさにお勧めのコース。今回はこのカナディアン号の客室の種類や、その他列車内の設備などの詳細をご紹介。

2013年9月、筆者自身がバンクーバー~エドモントン間にて、一人用個室を利用して乗車しました。その際、車内設備や注意点を徹底的に見てまいりました。そのレポートはVIA鉄道カナディアン号 乗車記にまとめましたので、ぜひご一読を!

続きを読む

VIA鉄道周遊券(キャンレールパス)の使い方を徹底解説。周遊券を使った行程 その1カナダ全土編 VIA鉄道で大陸を横断!

カナディアンロッキー最高峰のマウントロブソンの麓を走るカナディアン号 (C) VIA鉄道

カナダ旅行といえば、航空機の国内線とクルマやバスを利用するパターンがほとんどで、鉄道は、バンクーバーからジャスパーへの夜行列車やトロントからモントリオールなどメープル街道沿いの路線が利用される程度で、あまりメジャーではなく、日本やヨーロッパのように移動手段として重要視されていません。本数が少な過ぎるなど、それなりの理由があります。しかし、逆に鉄道だけでカナダ旅行が成り立つのか?という視点で、行程を考えてみようというのが今回のお題。 続きを読む