「ナイアガラ」タグアーカイブ

2016年 メープル街道紅葉情報 <随時更新します>

majors_hill_park4

今年度も紅葉シーズンがやってきました。各観光局などの情報を元に、紅葉の進み具合をお伝えしたいと思います。 続きを読む

2015年 メープル街道紅葉情報 <随時更新します>

アルゴンキン州立公園付近にて(C) Tourism Ontario
アルゴンキン州立公園付近にて(C) Tourism Ontario

今年度も紅葉シーズンがやってきました。各観光局などの情報を元に、紅葉の進み具合をお伝えしたいと思います。 続きを読む

機中、車中での3泊を含めて計5泊。弾丸カナダ周遊サンプルコース

ジャスパー駅に停車中のVIA鉄道カナディアン号 (C) Ron Reiring
ジャスパー駅に停車中のVIA鉄道カナディアン号 (C) Ron Reiring

なるたけ安く行きたいと願うのは誰でも同じ。でも、安くするために、何を犠牲にしなくてはいけない。

というわけで、今回はホテル代を極限まで削るべく、機中泊、車中泊を増やし、なおかつ、たくさんのものを見れる日程というものを考えてみました。VIA鉄道やグレイハウンドの夜行バスを使っての車中泊はよく知られているところですが、前回の記事で紹介した国内線の夜行便を使って、機中泊も効率的に利用してみました。

コースは日本出発6日間のコース。バンクーバー、VIA鉄道、カナディアンロッキー、ナイアガラと、詰め込めるだけ詰め込んでみました。 続きを読む

カナダ国内線の夜行便を利用して、宿泊費と時間を節約!

エアカナダ

国内線で夜行便というのは、日本では考えられませんが、国土が広く、時差のあるカナダでは、いくつかのルートで運行されており、寝不足で充血した目をして降りてくることから、「レッド・アイ」という別名まで付けられているほどです。

今回の記事では、時間のないビジネスマンの利用も多い、夜行便をご紹介し、利用方法なども説明したいと思います。 続きを読む

成田~トロントの所要時間、直行便、バンクーバー経由、カルガリー経由で比較

成田~トロント直行便で利用されるボーイング777 (C) Air Canada 777 / BriYYZ
成田~トロント直行便で利用されるボーイング777。エコノミーの座席配列は3+3+3。 (C) Air Canada 777 / BriYYZ

トロントに限らず、どこに行くにしても、直行便があれば、それに乗るに越したことはありません。カナダの場合、夏、特に6月から9月は観光需要も多く、希望通りのフライトが取れないこともあります。そこで、今回はトロント便直行便と経由便での、現地到着時間の差、それによるデメリットを考察します。

※所要時間は6月以降のスケジュールを利用。使用機材やスケジュールは変更されることもあるので、ご利用の場合は、事前に航空会社のホームページなどでご確認ください。 続きを読む

カナダ周遊旅行の回り方は西回りが効率的。回り方でこれだけ違う!

カナダ旅行は季節を問わず、複数都市を回る周遊型のツアーが主流です。例えば、ナイアガラとカナディアンロッキー、ナイアガラとイエローナイフ、ナイアガラ・カナディアンロッキーとバンクーバーといった具合。こうした周遊型ツアーを回る場合、回る順番によって現地での時間の使い方が大きく変わってきます。特にトロント・ナイアガラ以東の地区とカナディアンロッキー以西の地区を移動する場合、その差は歴然です。今回はその回り方による違いがどのくらい生じるのか?その辺を考察してみたいと思います。 続きを読む

2012年 メープル街道紅葉情報 <随時更新します>

今年も紅葉シーズンが近づいてきました。情報が入り次第、紅葉の進み具合をお伝えしたいと思います。
※10月16日更新分を持ちまして、今シーズンの更新は終了しました。

2013年情報はこちら
続きを読む

これは使える!ナイアガラの新しいシャトルバス、WEGO(ウィーゴ)。自力で回るナイアガラ観光にぴったり!

ナイアガラの滝は観光ポイントは滝周辺に集中していますが、全部歩くには少々距離があります。それに冬場はもちろん、春秋でも朝晩は冷え込み、歩きは結構つらい。それにスパニッシュエアロカーのように、ちょっと滝から外れたエリアにも見どころがあります。こうしたポイントを自分で回るには、バスなどの公共交通機関の利用が不可欠。ナイアガラでは、これまでピープルムーバー↓というバスが走ってました。 続きを読む

ナイアガラ観光と言えば、これ!霧の乙女号のオープン時期について

ナイアガラの観光と言えば、やっぱりこれ!
ナイアガラの観光と言えば、やっぱりこれ!

<4月26日追記>
5月4日に運航開始が決定しました。


通常ならば、この時期には運行を開始している人気アトラクションですが、今年は非常にオープンが遅れています。その理由としては、冬の寒さが厳しく、積雪量が多かったことが理由として挙げられますが、なぜ、いまだにオープンできないのかについてご説明します。 続きを読む