「バンクーバー」タグアーカイブ

100万個以上のクリスマスイルミネーション!バンクーバー・バンデューセン植物園のフェスティバル・オブ・ライツ

van-dusen-017

バンクーバーにはクリスマスイルミネーションを楽しむ場所がたくさんありますが、最大級の規模を誇るのが、バンデューセン植物園のイルミネーション、「フェスティバル・オブ・ライツ」です。広い園内が光に包まれる、このイベントをご紹介します。 続きを読む

2016年 夏シーズン カナダへの直行便まとめ

12645201_1058109587553732_1988859902644283207_n

ふと気づけば、2月も中盤に差し掛かり、カナダの夏のパッケージツアーのパンフレットも旅行代理店で数多く見かけるようになりました。
日本からカナダへのアクセスについては、アメリカ都市の経由便もありますが、やはり負担の少ない直行便を選びたいところ。今回は日本からカナダ各都市への直行便、2016年夏シーズン(4月~10月)のスケジュールをまとめました。 続きを読む

スキーなしでも存分に楽しめる!冬のグラウスマウンテンで雪遊び

グラウスマウンテンのゴンドラは大型のゴンドラ2機が交互に行き来するタイプ
グラウスマウンテンのゴンドラは大型のゴンドラ2機が交互に行き来するタイプ

グラウスマウンテンはバンクーバーに3つあるスキー場の一つとして知られ、冬はたくさんのスキーヤー、ボーダーで賑わっていますが、夏と同様に観光気分でも結構楽しめます。雪をみたことがない東南アジアのお客さんにガーラ湯沢が人気のように、グラウスマウンテンにも、ノンスキーヤーの観光客がたくさん訪れています。

特にクリスマス期間中は、「ピーク・オブ・クリスマス」と銘打ったイベントが開催されており、お得なファミリー料金も設定されています。今回はその料金を使ってスキーなしのグラウスマウンテンを体験してきましたので、その様子をご紹介します。 続きを読む

イエローナイフのオーロラ観賞に自力で行くと料金は安くなる? 2015-16年版

レベル4や5などのオーロラなら市街地でも見えますが、やはりオーロラ観賞は郊外に行かないとよく見えません。 (C) Xander – Northern Lights at Yellowknife, NWT, Canada

毎年アップしている「オーロラ観賞地として知られるイエローナイフに自力で行ったら、どうなるのか?」というお題ですが、情報をアップして、2015年~16年シーズンとしてまとめてみます。 続きを読む

復活する関空線に就航するエアカナダ・ルージュのコスパを検証

エアカナダ・ルージュの機体。関空路線のものとは機種が異なります。(C)"Air Canada Rouge A319" by Yan Gouger - Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Air_Canada_Rouge_A319.png#mediaviewer/File:Air_Canada_Rouge_A319.png
エアカナダ・ルージュの機体。関空路線のものとは機種が異なります。(C)”Air Canada Rouge A319″ by Yan Gouger – Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons – http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Air_Canada_Rouge_A319.png#mediaviewer/File:Air_Canada_Rouge_A319.png

6年半前に休航になったエアカナダの関空~バンクーバー路線。今年の5月から週5便体制で10月下旬までの夏シーズンの季節運航で復活します。ただし、今回の関空路線はエアカナダが新たに立ち上げた、「エアカナダ・ルージュ」という新ブランド。これ、わかりやすく言うと、LCCです。機内エンタメがないとか、座席が狭いとか、通常のフルサービス路線とかなり色合いが異なります。

エアカナダ・ルージュの関空路繊については、先日オールアバウトで執筆した下記記事をご参照ください。
※この路線のスケジュールが当初発表されたものから変更になり、関空発着時間が大幅に遅くなってます。関空到着は20:35と、他の都市への乗り継ぎはほぼ不可能な時間帯なので、ご注意ください。スケジュールの詳細は下記リンクにてご確認ください。

6年半ぶりの復活!エアカナダ関空~バンクーバー線 続きを読む

イエローナイフのオーロラ観賞に自力で行くと料金は安くなる? 2014-15年版

レベル4や5などのオーロラなら市街地でも見えますが、やはりオーロラ観賞は郊外に行かないとよく見えません。 (C) Xander – Northern Lights at Yellowknife, NWT, Canada

毎年アップしている「オーロラ観賞地として知られるイエローナイフに自力で行ったら、どうなるのか?」というお題ですが、情報を2014年~15年シーズンに更新しました。

では、以下検証してみましょう。 続きを読む

2014-15年シーズン イエローナイフに行くフライト乗り継ぎパターンのまとめ

オーロラは冬のイメージがあるけれど、実際は夏でも見られる。 (C) Xander - Northern Lights at Yellowknife, NWT, Canada
オーロラは冬のイメージがあるけれど、実際は夏でも見られる。 (C) Xander – Northern Lights at Yellowknife, NWT, Canada

過去2シーズン、この記事にはたくさんのアクセスをいただいておりますので、今シーズンのパターンもご紹介したいと思います。 続きを読む

成田~カルガリー 直行便と経由便の比較 2014年版

Zemanta Related Posts Thumbnail

2014年夏スケジュールが発表になりました。成田~カルガリーのフライトは、5月2日以降、エアカナダが毎日運航します。カナディアンロッキーへは、このフライトがベストなのですが、取れない場合も多々あります。その場合、バンクーバー経由となることが大半なので、直行便とバンクーバー経由便の比較をしてみたいと思います。 続きを読む

全日空がバンクーバー線に参入!日本航空、エアカナダと料金、スケジュールを比較

全日空の羽田~バンクーバー線に投入されるボーイング767-300ER
全日空の羽田~バンクーバー線に投入されるボーイング767-300ER

羽田の昼間枠拡大を受けて、全日空(ANA)は羽田~バンクーバー線の開設を決定。2014年3月30日就航の予定です。

概略はこちらで >>> 羽田からカナダへ。エアカナダと全日空が直行便を就航

これまで、日本航空とエアカナダが成田~バンクーバー便を運航しており、羽田、成田という違いはあれど、競合路線と考えてよいでしょう。

今回はこの羽田線と成田線の料金とスケジュールを比較してみたいと思います。 続きを読む

機中、車中での3泊を含めて計5泊。弾丸カナダ周遊サンプルコース

ジャスパー駅に停車中のVIA鉄道カナディアン号 (C) Ron Reiring
ジャスパー駅に停車中のVIA鉄道カナディアン号 (C) Ron Reiring

なるたけ安く行きたいと願うのは誰でも同じ。でも、安くするために、何を犠牲にしなくてはいけない。

というわけで、今回はホテル代を極限まで削るべく、機中泊、車中泊を増やし、なおかつ、たくさんのものを見れる日程というものを考えてみました。VIA鉄道やグレイハウンドの夜行バスを使っての車中泊はよく知られているところですが、前回の記事で紹介した国内線の夜行便を使って、機中泊も効率的に利用してみました。

コースは日本出発6日間のコース。バンクーバー、VIA鉄道、カナディアンロッキー、ナイアガラと、詰め込めるだけ詰め込んでみました。 続きを読む

カナダ国内線の夜行便を利用して、宿泊費と時間を節約!

エアカナダ

国内線で夜行便というのは、日本では考えられませんが、国土が広く、時差のあるカナダでは、いくつかのルートで運行されており、寝不足で充血した目をして降りてくることから、「レッド・アイ」という別名まで付けられているほどです。

今回の記事では、時間のないビジネスマンの利用も多い、夜行便をご紹介し、利用方法なども説明したいと思います。 続きを読む