「羽田」タグアーカイブ

2016年 夏シーズン カナダへの直行便まとめ

12645201_1058109587553732_1988859902644283207_n

ふと気づけば、2月も中盤に差し掛かり、カナダの夏のパッケージツアーのパンフレットも旅行代理店で数多く見かけるようになりました。
日本からカナダへのアクセスについては、アメリカ都市の経由便もありますが、やはり負担の少ない直行便を選びたいところ。今回は日本からカナダ各都市への直行便、2016年夏シーズン(4月~10月)のスケジュールをまとめました。 続きを読む

全日空がバンクーバー線に参入!日本航空、エアカナダと料金、スケジュールを比較

全日空の羽田~バンクーバー線に投入されるボーイング767-300ER
全日空の羽田~バンクーバー線に投入されるボーイング767-300ER

羽田の昼間枠拡大を受けて、全日空(ANA)は羽田~バンクーバー線の開設を決定。2014年3月30日就航の予定です。

概略はこちらで >>> 羽田からカナダへ。エアカナダと全日空が直行便を就航

これまで、日本航空とエアカナダが成田~バンクーバー便を運航しており、羽田、成田という違いはあれど、競合路線と考えてよいでしょう。

今回はこの羽田線と成田線の料金とスケジュールを比較してみたいと思います。 続きを読む

エアカナダ 羽田~バンクーバー線就航中止の影響、今後の見通し

昨日ツイッターでも速報をお届けしましたように、エアカナダが羽田~バンクーバー線の就航を無期延期しました。エアカナダの日本語サイトによると、「今後の事業計画の見直しに伴う需給調整を行った結果」とされており、要は思ったより席が売れなかった・・・ということです。 続きを読む

デルタ航空 羽田~ロサンジェルス、羽田~デトロイト線を2月に就航

2011年2月下旬より、デルタ航空が羽田便の運航を開始するそうです。これにより、カナダの乗り継ぎパターンも増え、これまでにない時間帯の到着が可能になります。それぞれの便の時間帯を見てみましょう。

※デルタ航空は2011年9月1日から2012年4月25日までの期間、デトロイト線の運休を決定しました。

続きを読む

エアカナダ 羽田~バンクーバー線 利用シュミレーション <就航無期延期確定>

<1月26日付け 改訂>
日本のエアカナダのサイトにて、羽田~バンクーバー線の就航無期延期が正式に発表となりました。詳しくはエアカナダのこちらのページにてご確認ください。

就航が延期になった背景、その代わりに増便される成田~カルガリー便などについては、改めて新規記事にて考察してみたいと思います。

—————

<1月22日付け 改訂>
日本のエアカナダのサイトから羽田~バンクーバー線に関する情報がほぼ削除されました。まるで、そんなものは最初から無かった・・・といった感じで、特に 羽田線就航中止といった案内もありません。正式なリリースはありませんし、ウェブ上での発表があるのかどうかすらも定かではありませんが、これで羽田線が 運航されないことはほぼ間違いないと思われます。

—————

<1月13日付け 改訂>
羽田~バンクーバー線が無期限延期になるという情報が入りました。まだ、エアカナダのサイトでは通常通り予約可能な状態で、正式な発表もありません。情報 が入りましたら、改めて発表しますが、購入を検討されている方は少しお待ちになることをおススメします。

—————

当初の予定では1月29日から就航予定だった新規羽田~バンクーバー線。基本情報はオールアバウトにて記事にまとめていますので、ご参照ください。

やはり、というか、予想通りというか、就航開始が3月5日に延期されました。しかし、冬のカナダはオーロラがメインで、昔ほどウィスラーやロッキーのスキーも人気を集めていない、という実情を感じると仕方ないですね・・・ 続きを読む

JRパスで東京モノレール乗車可能に。しかし・・・

2010年10月21日より、JRパスに東京モノレールが含まれ、追加料金なしで乗れるようになりました。JRパスで私鉄に乗れるようになったのは初めて・・・なんですが、実は東京モノレールは2002年からJR東日本の子会社なので、私鉄というわけではなく、JRの一部と考えても差し支えないと思います。

ともかく羽田は本格的な国際線の就航も開始され、JRパスで都心への移動が可能になりました。 続きを読む