トロント空港からナイアガラの滝へ自分でアクセスする方法

(C) Niagara Falls / Alberto Mari
(C) Niagara Falls / Alberto Mari

世界有数の観光地であるナイアガラの滝。そして、最寄りの空港はカナダ最大の都市であるトロント。当然、シャトルバスも頻繁に運行されている・・・と思いきや、これが実は非常に不便。まず、時刻表があって決まった時間に出発するシャトルバスはないというのが最大の難点。その他にも手段はありますが、選択肢が非常に限られます。

今回はそんなトロントとナイアガラを結ぶ、アクセス事情についてご説明します。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

ほぼ独占状態、ナイアガラ・エアバス

ナイアガラ・エアバス所有のミニバス (C) BEI 283 / hamster!
ナイアガラ・エアバス所有のミニバス (C) BEI 283 / hamster!

トロント空港からナイアガラの滝へ行くバスとなると、事実上、このナイアガラ・エアバス一社になります。

ナイアガラ・エアバス公式サイト
※サイト右上の日本の国旗をクリックすると、日本語表記になります。

ナイアガラの大手バス会社のひとつですが、大型バスはなく、ミニバスやバン、セダンといった車両で運行しています。また、運行といっても、サイト内に時刻表が見つからないように、決まった時間に運行されていません。大体1時間に1本程度走っているようですが、基本的に申し込んだお客さんの到着時間などに合わせて配車されており、申し込まないと出発時間が分かりません。また、このバスは乗り合いなので、同じ時間帯に到着する他のお客さんとの兼ね合いで、少し待つ可能性もあります。

料金については、以下のリンクで調べることができます。

ナイアガラ・エアバス Rate Calculator

人数や申し込みの日時によって料金が異なり、トロント空港~ナイアガラのホテルまで1名で申し込むと一般価格が$91.53。5日以上前の申し込みだと早期申し込み割引で、$4ほど安くなります。また、人数が2名に増えると、料金は2名分で$151.42になるので、1名当たり$76弱になります。このように人数が増えるごとに1名あたりの料金が下がりますが、3名くらいになると、専用車を使った料金とほぼ同じになり、4名では専用車の料金と逆転するので、専用車で手配するほうがお得。他のお客さんを待つようなこともなく、スムーズに出発することができることは言うまでもありません。

日系旅行会社による送迎サービス

数多くありませんが、日本語ドライバーによる送迎もあります。

ショーフレックス トロント空港からナイアガラまでの便利な片道送迎

この会社はトロント・ナイアガラ地区における大手日本語ガイド会社のひとつです。ナイアガラに限ったことではありませんが、カナダ各地(というか世界各地)には、日本語ガイド会社があって、大手旅行会社と下請け契約して、日本語ガイドを派遣しています。添乗員の付かないパッケージツアーで、「現地到着後、日本語係員がご案内します」とパンフレットに書かれている、この「日本語係員」が日本語ガイドです。

余談になりますが、以下H.I.Sのオプショナルツアーのページをご覧ください。

【専用車】片道送迎 日本語で安心♪♪
トロントピアソン空港 ~ トロント・ダウンタウンのホテルまたはナイアガラのホテル(カナダ側)

このページ内の「ツアー条件」のところに、「運行事業者:Niagara Kanko Tours,Niagara Guide Service,Showflex Intel Inc」とあるのが見えると思います。これ全部、ナイアガラの大手日本語ガイド会社です。上にあるショーフレックスもShowflex Intel Incと明記されています。

聞いたことのない会社とやり取りするのが不安ということであれば、上のH.I.Sのように大手旅行会社を通すという手もありますが、上のリンク内の料金でお分かりいただけるように、ものすごく高いです。自力で行く=安く行くということが前提だと思いますので、大手旅行会社に手配依頼するのは本末転倒かと思います。

ちなみにショーフレックスの料金は最低2名からで1名$80。なので、最低でも$160は必要ということにあり、ナイアガラ・エアバスのほうが安いです。ただ、日本語で案内してくれるという安心感が$10そこそこの差額で手に入るなら、バリューは見出せると思います。

4名以上なら、日本語ガイド付きの専用車を手配したほうが安いかもしれません。ショーフレックスはもとより、H.I.Sのサイトにあった、他の2社から見積もりを取ってみるのも一案でしょう。これら2社のサイトへのリンクも付記しておきます。

ナイアガラ観光ツアーズ
ナイアガラガイドサービス

いずれも乗り合いの送迎は催行しておりません。
というのも、大手旅行会社のパッケージツアーの場合、お客さんが途中で乗り遅れたり、フライトがキャンセルになるようなケースでは、旅行会社からガイド会社に連絡が行き、変更したフライト番号などが伝えられるので、現場でお客さんを待っているガイドにも変更の連絡ができます。これが完全に個人のお客さんの場合、途中で乗り遅れたりしても連絡がなく(またはお客さん自身が連絡できないような状態に陥る)、いつ、どのフライトで到着するかも分からないようなケースがあり、ガイドがずっと空港で待ちぼうけになってしまうケースも考えられます。こうしたリスクを考えて、最初から空港送迎サービスを個人向けに販売しないようにしているのだと思います。

以上、余談が過ぎました。
ナイアガラへのご旅行のお役に立てば、幸いです。

「トロント空港からナイアガラの滝へ自分でアクセスする方法」への2件のフィードバック

  1. ロレンシャン高原のバスについても教えていただきました山田です。

    トロント・ピアソン国際空港→ナイアガラの滝周辺ホテル→後日にその周辺ホテル→トロント・ピアソン国際空港
    で往復バスをナイアガラ・エアバスで購入したいのですが、
    パッケージ・空港送迎サービス両方とも最終到着をトロントのホテルに行くプランでは購入できるのですが、空港行きの項目がみつからず購入できませんでした。
    これについても教えていただけないでしょうか。

    1. 山田様

      Airport Serviceのところで、OriginをToronto International Airportにして、DestinationでNiagara Regionにして、その下でRound Trip – Best Rateが選択されていれば、空港~ナイアガラの往復送迎になると思うのですが、以下のリンクでこのように表示されませんか?
      https://www.niagaraairbus.com/Default.aspx

      管理人

コメントは停止中です。