サンディエゴ旅行記8 ラホーヤビーチとバーチ水族館


バーチ水族館の入り口に展示されている潜水調査艇
バーチ水族館の入り口に展示されている潜水調査艇

サンディエゴ旅行記7 ラホーヤコーブと宿泊ホテル、スクリプスインの記事からの続きです。

今回はラホーヤ滞在中に立ち寄ったバーチ水族館とラホーヤビーチについてご紹介します。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

ラホーヤにあるバーチ水族館

今回の旅行中、すでにレゴランドで水族館を見ていましたが、あまり大きなものではありませんでしたので、改めて訪れたのがバーチ水族館です。こちらはラホーヤの中心地から車で北へ約15分。

水族館の入り口付近
水族館の入り口付近

この水族館は一般のアトラクションとは少し異なり、カリフォルニア大学サンディエゴ校に属するスクリップス・インスティテューション・オブ・オーシャノグラフィ研究所が運営しているもので、通常の水族館よりも学術的な色合いが強く見られます。

エントランスホール
エントランスホール

もちろん普通の水族館のように、水槽がたくさんあって、魚もたくさん見られます。ただ、目玉になるような巨大な水槽や、目を引く魚がいるわけでもありませんので、そういう期待を持って訪れると、肩透かしに合います。

San diego 318

San diego 317

屋外ではヒトデやイソギンチャクなど、いろいろな水の生き物を触ることができる場所があり、子供を遊ばせるには最適です。

San diego 320

San diego 319

ラホーヤビーチ

水族館から見たラホーヤビーチ
水族館から見たラホーヤビーチ

高台にある水族館から海辺に下りて来たところにあるのが、ラホーヤビーチです。ここはサーファーがたくさんいたり、これぞ「カリフォルニア!」という風景が広がります。

ビーチ沿いの遊歩道
ビーチ沿いの遊歩道

ビーチは広いのですが、サーフィンしている人がいるように、外海のため波は高く、小さな子供を遊ばせるには注意が必要です。

San diego 431

また、水は結構冷たいので、相当暑い日でないと、なかなか水に入っていけないでしょう。

次回はサンディエゴ旅行の記事の最終回、サンディエゴ動物園をご紹介します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です