国内最大級外国人情報サイト、ガイジンポットによる人気観光地ベスト10が発表されました。そのうちの上位5位を見てみると……

1. 熊野
2. 東京
3. 中山道
4. 札幌
5. 琵琶湖 ← 注目

熊野、東京、中山道、札幌に次ぐ5位は以外でした。他の資料を見ても、訪日外国人の滋賀県への訪問数はかなり下位に位置していますが、びわ湖周辺に改めて目を向けてみると、売れるだけの素材は十分にあります。パッケージング、プレゼンテーション、ルーティングなどを見直すことで、もっとイケるはず。伸びしろはめちゃ大きい。

どうすれば、もっとイケるのか。私が提案します。

国内在住外国人約2000名による投票ではあるが

ガイジンポットは国内のサイトなので、訪日外国人の意見とは異なりますが、この結果を見る限り、外国人に刺さる魅力を持っているという点は間違いないでしょう。びわ湖は言わずもがな、日本最大の湖。この知名度は大きなアドバンテージですが、日本一の富士山のような絶大なブランド力を持っているかといえば、そうでもない。

じゃあ、なぜびわ湖なのか?なぜ、滋賀県なのか? 

歴史、宗教、自然への興味を満たす見どころが点在

このブログで何度も触れていますが、欧米人への訴求力が高いのが、歴史、宗教(スピリチュアル体験に置き換えても良い)、自然の3点セット。この組み合わせが最強であることは、熊野、中山道の人気で証明済み。そして、びわ湖周辺を見てみると……

  • 比叡山
  • 白髭神社
  • 彦根城
比叡山延暦寺

比叡山は高野山に匹敵する仏教の中心地。真言密教の空海と天台宗の最澄は平安仏教の双璧で、天台宗の総本山である比叡山延暦寺には高野山に匹敵する魅力があると言えます。

比叡山延暦寺には京都からアクセス可能な点も大きなアドバンテージです。京都から出発し、比叡山延暦寺を経由して、びわ湖沿岸に抜ける。ここまでのルートは簡単に描けます。京阪電鉄もよくプロモーションしています。

白髭神社
絵になる風景って、こういうのかな

白髭神社は宮島を彷彿させる、湖上の鳥居が印象的。そして彦根城は現存12天守にして、国宝、重要文化財に指定されている城郭。

これだけの材料が揃っていても、それぞれが独立していてルートになっていないのが一番の問題です。比叡山と白髭神社はびわ湖の西側にありますが、やや距離があり、白髭神社へのアクセスは確立されていません。

彦根城は湖東にあるため、比叡山と線でつなげるイメージがもっと湧きません。

解決案はびわ湖に浮かぶ、あの島

しかし、琵琶湖を横断すれば、1本の線になります。そして、竹生島航路がばっちり、ハマります。

比叡山〜近江今津(白髭神社)〜竹生島〜長浜〜彦根

琵琶湖汽船公式サイトより

竹生島も国宝や重要文化財に指定されている歴史的建造物があり、ルートに組み込んでも違和感がありません。長浜も北国街道木之本宿の町並みが残っていますし、妻籠や馬籠ほどではないにせよ、そういう雰囲気を味わうことはできます。

ルートをたどりやすくするために

荷物の搬送サービスなど、京都から彦根にいたるまでのルートめぐりをバックアップすれば、ゆったり歩くこともできます。途中でたくさん歩く、というのは大前提です。それをバックアップする施策は絶対にやるべき。

これで京都・大阪からの日帰り旅行先からの脱却を図る一つの方法になると思います。

大阪、京都というビッグネームに隠れてしまいがちですが、だからこそ、ゆったり楽しめる点が売りになるはず。

滋賀県はプレゼンテーション次第でもっと伸びるはず。

別に頼まれたわけでもありませんし、大きなお世話かもしれません。でも応援しますよ、滋賀県。

おわり