コロナウィルス感染症で外国人のカナダ入国は事実上不可能に。
カナダ人や永住権保持者でも14日間の自宅待機が必須

4月8日更新

カナダ政府発表による基本方針は以下の通りです。

  • カナダ国籍または永住権を持っている人以外(外交官、フライトアテンダントなど一部例外あり)の入国を禁止
  • アメリカ・カナダ国境の封鎖(必要物資の輸出入などは除く)
  • 永住権、国籍保持者であっても、入国後、14日間の自宅待機
  • 国内移動であっても州を越えるような長距離移動をした場合、14日間の自宅待機を推奨
  • 国際線到着空港はバンクーバー、カルガリー、トロント及びモントリオールに限定
  • 50名以上のイベントや集会の自粛
  • 握手やハグなど濃厚接触の自粛。人と会う際にはそれぞれ2m以上の距離を推奨
  • 緊急対策手当として仕事・収入を失った人に毎月2,000ドルを最大4ヶ月給付することを発表(失業保険がもらえない自営業やフリーランスも対象)

自宅待機は強制ではなく、決まった隔離施設があるわけでもありません。あくまで自分の家やホテルで他人との接触を伴わず14日間過ごすということです。

現在カナダへ旅行や留学目的の渡航は不可能です。航空券のキャンセル・変更について、各航空会社の対応は後ほど説明します。

カナダのコロナ感染者数や主な地域での対策についてご紹介します。

感染者数

カナダ政府公式サイトより

4月8日午前11時00分(東部時間)での、カナダ政府公式サイトでの数値です。

地域感染者数
オンタリオ州5,276人
ブリティッシュ
コロンビア州
1,291人
ケベック州9,340人
アルバータ州1,373人
カナダ全体 総感染者数18,447人

お亡くなりなった方は現在401名です。ご冥福をお祈りします。

現在のカナダの様子

現在カナダでは非常事態宣言発令中です。日本のそれに比べると、かなり効力のあるものです。

  • 不要不急の外出自粛の徹底
  • テレワークの徹底
  • 観光アトラクションはほぼ全面休業
  • 学校、公的施設(公民館や図書館など)は閉鎖
  • 市役所や警察署の窓口も閉鎖(警察組織そのものはもちろん機能しています)
  • レストランは基本、デリバリー、テイクアウト、ドライブスルーのみの営業
  • 保育所はどうしても勤務しなくては行けない人のため営業を許可

首相が毎日演説を行い、テレビやネットでライブ配信されています。不要不急の外出自粛徹底を要請し、失業者や企業に対し、積極的な支援策を発表することで、国民の不安を和らげるべく奮闘しています。

お国柄もありますが、リモートワークが浸透しているので、電車やバスなどは本数を大幅に減らして運行中です。

各航空会社の対応

日系航空会社は4月末日までの出発についてはキャンセル料免除でキャンセルできるケースがほとんどです。エアカナダは手数料無しでの変更で対応しています。

以下、それぞれの航空会社の対応ですが、旅行会社やチケット販売専門店などで購入された場合、条件が異なるケースがあります。チケットを購入された店舗にお問い合わせください。

エアカナダ

2020年3月31日までに予約された航空券は手数料免除で2021年3月31日までに出発する航空券の料金に充当可能です。手数料無しでの完全キャンセルは不可です。

エアカナダのサイトで購入した場合、サイト内で変更可能です。

COVID-19 最新情報(エアカナダ公式)

旅行代理店やチケット専門のオンラインサイトなどで購入された場合、購入した会社への確認が必要です。一部対応が異なる場合があります。

以下の便が一時運休となります。

  • 羽田〜トロント 3月29日より4月30日まで
  • 成田〜モントリオール 3月28日より5月31日まで
  • 成田〜バンクーバー 4月9日より4月30日まで

国内線も大幅に運航が縮小されています。また、政府要請によりスケジュールが変更になることもあります。

日本航空

4月7日にキャンセル可能免除の対象が5月31日出発まで拡大されました。

日本航空のサイトで購入した場合、公式サイト内でキャンセル可能です。以下公式サイトでご確認ください。

新型コロナウィルス拡大に伴う国際線航空券の取り扱いについて(日本航空公式)

旅行代理店やチケット専門のオンラインサイトなどで購入された場合、購入した会社への確認が必要です。一部対応が異なる場合があります。

以下、運航が縮小されます。

  • 成田〜バンクーバー 3月28日まで全便運休
  • 成田〜バンクーバー 3月29日から4月30日まで
    17便(成田行き)月・木曜のみの運航
    18便(バンクーバー行き)日・水曜のみの運航

全日空

4月7日にキャンセル可能免除の対象が5月31日出発まで拡大されました。

全日空のサイトで購入した場合、サイト内でキャンセル可能です。以下公式サイトでご確認ください。

新型コロナウィルスによる肺炎の発生に伴う国際航空券の特別対応について(全日空公式)

旅行代理店やチケット専門のオンラインサイトなどで購入された場合、購入した会社への確認が必要です。一部対応が異なる場合があります。

以下、運休が発生しています。

  • 羽田〜バンクーバー 3月26日出発便の運休
  • 羽田〜バンクーバー 3月29日から4月24日まで月・水・金曜日の週3回運航に減便

まとめ

カナダは州によって医療崩壊を防ぐため、重病化しない限り検査しておりません。実際に数字に出ていない感染者が相当数いると考えられ、州によってはその数値と実際の感染者数の乖離の度合いも異なります。

オンタリオ州とケベック州は検査の頻度を上げていますが、ブリティッシュコロンビア州やアルバータ州では検査対象を絞り込んでいます。オンタリオ州とケベック州は人口が多いので、感染者数が多いのも当然ですが、他の州に比べて感染者数がかなり多いのはそういった理由もあります。

状況は日々変わっていきますので、基本毎日更新したいと思います。