タコマ旅行記3 ブレマートンからシアトルへのフェリー

前後どちらにでも進める、両頭フェリーと呼ばれるタイプで運航。

タコマ旅行記2からの続きです。

記念艦を見学した後、まだお昼過ぎだったので、フェリーに乗って、シアトルに向かいました。宿泊したブレマートンとシアトルはフェリーで結ばれており、約1時間の船旅です。

今回はこのワシントン州のフェリーの船内やターミナルついてご紹介します。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

ブレマートンのターミナル

ターミナル外観

カーフェリーですが、もちろん車無しで乗ることも可能。ブレマートンから乗る場合、料金は不要で、シアトル側から乗船のみ、料金がかかります。(執筆時点で、大人8.20ドル、子供 6〜18歳・シニア 65歳以上は半額)

ブレマートンのターミナルには窓口はありますが、料金不要なので、チケットの販売は行っていません。

ブレマートンのターミナル内は待合室といって趣で、特に大きなものではありません。

車で乗る場合、一般的な乗用車で料金は14.30ドル。これはブレマートン、シアトル双方ともに、かかる料金です。

フェリー待ちをするパーキング

フェリー船内

フェリーに乗り込みます。

フェリーへの通路
通路は客室階にそのままつながります。

所要時間は1時間ですので、船内は一般客室とカフェテリアのみのシンプルな設備です。

テーブル付きのボックス席
一般座席
カフェテリア

カフェテリアで販売されているのは、サンドイッチやピザ、スープなどの軽食。ビールなどアルコールを含む飲み物です。

乗船した日は雨模様でしたが、デッキに出てみると、遠目に海軍工廠が見えました。

シアトルのターミナル

ダウンタウンのウォーターフロントエリアの南側に位置しており、同じくウォーターフロントエリアにある水族館や観覧車などは徒歩圏内。パイクプレイスマーケットは水族館の先にエレベーターがあるので、それに乗れば、ダウンタウンの高台との標高差も気になりません。

シアトルのフェリーターミナルはシアトル〜ブレマートンの他に、別の航路もあるため、賑わいを見せています。

シアトルのフェリーターミナル内

このフェリーはあまり旅行社にとって一般的なものではないかもしれませんが、何かのお役に立てれば、幸いです。

タコマ旅行記はこれで終わります。