カナダ最大のトラックフード・フェスティバル

バンクーバーで一番人気のレストランと言っても過言ではないインド料理レストランVj'sのトラックであるカレー・アート・イン・モーション
バンクーバーで一番人気のレストランと言っても過言ではないインド料理レストランVj’sのトラックであるカレー・アート・イン・モーション

トラックフードといっても、あまり馴染みのない言葉だと思います。キッチン付きの車で料理を作って売る、屋台のようなものですが、これがバンクーバーのみならず、北米のはやり。アメリカのポートランドにものすごく多いと聞きます。

レストランをいきなり出店するのは、お金もかかるし、リスクも大きいということで、まずトラックフードで始めて、そこで名を売って、それからレストランを出すという手法も最近見受けられます。

そんなトラックフードはバンクーバーの至るところで見られますが、そんなトラックフード70台が一堂に会するイベントが、先日バンクーバー近郊のニューウェストミンスターで行われましたので、その様子をリポートします。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

ニューウェストミンスターのダウンタウンを完全閉鎖で行われるイベント

道中を埋め尽くす人、人、そして人
道中を埋め尽くす人、人、そして人

ニューウェストミンスターはバンクーバーのダウンタウンからスカイトレインで約30分。元々ブリティッシュコロンビア州の都だったこともある町ですが、ダウンタウンはメインストリート1本の小さなもの。そのコンパクトさを活かして、そのメインストリートをまるまる歩行者天国にして、行うのがこのトラックフード・フェスティバルです。去年は参加トランク50台だったのが、今年は70台以上とバージョンアップ。「1日限定のトラックフード・フェスティバル」としては、カナダ最大だそうです。

↑じゃあ、1日限定でなければ、もっと大きなイベントがあるのか?と言われると答えに窮してしまうのですが・・・

とにかく大きなイベントであることは、上の画像の人の多さでもお分かりいただけるのでは?

多種多様な料理が楽しめるフードトラック

バンクーバーは移民の街なので、多種多様な料理が楽しめます。それはフードトラックでも同じこと。そんな国際色豊かなトラックをいくつかご紹介します。

ラップがメインのザ・プレイス・ネクスト・ネクスト・ドア
ラップがメインのザ・プレイス・ネクスト・ネクスト・ドア
フィリピン風フュージョンのフリップトップ
フィリピン風フュージョンのフリップトップ
鴨料理専門トラック、ファットダック。鴨肉のサンドイッチや、鴨肉丼っぽいメニューあり
鴨料理専門トラック、ファットダック。鴨肉のサンドイッチや、鴨肉丼っぽいメニューあり
タイ料理など、アジア風創作料理のローミングドラゴン。テレビ、新聞などでも取り上げられたこと多数の有名トラック
タイ料理など、アジア風創作料理のローミングドラゴン。テレビ、新聞などでも取り上げられたこと多数の有名トラック

私が食べたもの

これだけトラックがあると、目移りしますし、できるだけいろんな種類を食べたいと思うのですが、これがなかなか大変です。というのも、人気イベントである弊害か、どのトラックもものすごい行列。30分くらいかかるものもザラです。

そんな中、列の進み具合、そして、食べ物の好みなどから、まずワッフルメニューをピックアップ。

Cone maze 031

ワッフルといっても定番のスイーツ系だけでなく、フライトチキンとシャキシャキレタス、それにスパイシーなソースがかかったガッツリ系メニューがあり、これは大当たりでした!

Cone maze 035

さらに、スローローストしたプルポークのサンドイッチ。

Cone maze 024

間にあるのはレタスではなく、コールスローで、これが辛めのプルポークにマッチしています。ただ、シラントロの味が結構きついので、好き嫌いが別れるかも知れませんね。

そして、うちの奥さんが食べたフィリピン料理。

Cone maze 027

マーケットボウルと呼ばれる、四季折々の野菜と玄米、ひよこ豆のピラフのようなもので、ヘルシーな一品でした。

もっと食べたかったのですが、時間と胃袋の容量で、これが限界でした。

場所と開催日時

スカイトレインでニューウェストミンスターまたはコロンビアで下車すぐ。

例年8月下旬の土曜日、午後4時から夜10時までの開催です。来年度の開催については、決定次第、公式サイトで発表されますので、ご確認ください。

また、一度に70台を見ることはできませんが、これらのフードトラックはダウンタウンの街角や、各地で行われるファームマーケットなどでも見られます。気に入ったメニューがあれば、ぜひ一度お試しください。

ただ、美味しいですけど、どのメニューも軒並み$10以上するので、ちょっと高いのが難点ですね・・・