ヒロとワイコロアビレッジに泊まるハワイ島旅行記 その3 コナからレインボーフォールズを経由し、ヒロへ

レインボーフォールズ入り口

前回はコナに到着したところまで書きました。

今回はコナからヒロへと移動し、ヒロの宿泊場所についてご紹介します。

コナからヒロへは最短距離のサドルロードを通ります。

途中オニヅカセンターへ立ち寄る予定でしたが、ものすごい雨で、途中運転していて怖いほど視界が悪かったのでスルー。マウナケア頂上への道路も当日は閉鎖されるほど大荒れの天気だったので、その後の天気も心配でしたが、ヒロに近づくにつれて天気は持ち直してきましたので、代わりにレインボーフォールズに立ち寄りました。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

簡単に行けるレインボーフォールズ

レインボーフォールズはヒロの町から10分くらいの場所にあります。カイルア・コナからは以下のようなルートで行きました。

レインボーフォールズの駐車場

滝は駐車場のすぐそばにあるので、どなたでも簡単に見ることができます。

正面にある橋から見たレインボーフォールズ
横からのレインボーフォールズ

横から見る場合、展望台まで少しだけ上り坂です。

VRBOを初めて使って、部屋を確保

ヒロでの宿泊は車で20分ほど南に行った隣町ケアウにある一軒家をVRBOでレンタルしました。レンタルした家はこちらです。

VRBOは民泊サイトの一つですが、よく知られているAirBnBよりも物件登録へのハードルが高いらしく、オーナーの質が高いと聞いたと、嫁さんが友人から聞いたらしく、嫁さんがこの家をチョイスしました。

家の外観です。

車が一台、入ります。また、バーベキューグリルや洗濯機、乾燥機などが一階(屋外)が設置されています。

家の前にはこぶし大のパイナップルの実が。

家の裏庭は溶岩の流れた後がくっきり。

家のサイズは1LDK。まず、リビングから。

続いてベッドルーム。キングサイズベッドが一台です。

ラナイ(ハワイではバルコニーをこう呼びます)にはハンモックあり。ラナイ全体を網で覆っていますが、それでも隙間から虫が結構入ってきます。

また、家の周りはもちろん、室内にもこいつ↓がいます。

虫を食べてくれるありがたい存在ですが、生理的に嫌な人もたくさんいるでしょう。ちなみにこの手のヤモリは、島のどこに行ってもいます。うちは嫁、娘ともに爬虫類好きなので、全く問題ありませんでしたが、爬虫類が苦手な人は普通のホテルに泊まった方が良いと思います。普通の家屋なら、どこにでもいそうです。また、虫がたくさんいるのも当たり前なので、そこも要注意ですね。

こうした民泊は初めての経験でしたが、宿泊そのものは特に問題ありませんでした。ただ、私達が到着した際には、オーナーがお出かけ中だったので、テキスト(ショートメールのようなもの)でやり取りする必要があり、ホテルのようにいつ行ってもチェックインできるわけではないので、事前の連絡は綿密に行う必要があります。

また、車で行くにしても、カーナビやグーグルマップなどは必須。最近のレンタカーはカーナビ搭載が普通ですが、ホテルと違って場所が分かりづらい点も考慮しておく必要がありますね。

さて、ヒロでの拠点で到着し、翌日はキラウエア火山の観光。これは次の投稿でどうぞ。