ヒロとワイコロアビレッジに泊まるハワイ島旅行記 その1 プランニング

ワイコロアビレッジ近くのアナエホオマル・ビーチ

春休みに奥さんと9歳の娘を連れて、ハワイ島へ行ってまいりました。私にとっては人生初のハワイ。私はカナダのバンクーバー在住なので、日本から出発される場合と多少事情が異なるかもしれませんが、コナ空港に到着し、レンタカーで回るということであれば、ハワイ島での過ごし方は同じだと思いますので、今回の旅で体験したことを色々と綴ってみたいと思います。

まず、実際の旅行記に入る前に、旅の計画からお話します。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

どの島へ行くか?

ハワイといっても、いつかの島があります。真っ先に思いつくのははワイキキでおなじみのホノルルがあるオアフ島。ただ、うちの奥さんが静かな自然の多い場所を好むので、オアフ島は最初から除外。残りの島の中で、バンクーバーからは直行便で行けるという条件をクリアしたのがマウイ島とハワイ島です。どちらも魅力的でなかなか決められなかったので、ハワイ在住経験のある友人にアドバイスを求めると、

「マウイの方がビーチリゾートの性格が強いから、色々と楽しみたいなら、ビッグアイランドがおススメよ」

ビッグアイランドとはハワイで最大の島であるハワイ島のこと。そんな友人のアドバイスもあり、泳ぐだけではなく、色々としたい欲張りな私たちは行き先をハワイ島に決めました。

春休みのハワイ。3月は雨季?

さて、私と奥さんの休暇、娘の学校を考えると、3月下旬の春休み時期の一択となります。一般的に、11月から3月のハワイは雨期とされていて、この点も気になったので、再び友人にアドバイスを求めると、

「3月下旬なら大丈夫。天気予報が雨でも、1日中降ることはあまりないよ。ただし、ヒロは別(笑)」

ヒロは別……。調べたら、ヒロは全米で3番目に降雨量の多い場所。確かに別格でした。さらに、ハワイ島は世界の13種類の気候のうち、11種類があるとか。つまり場所によって天気はバラバラなんですね。

細かいことを気にしたらキリがないので、3月下旬なら大丈夫と言葉を信じ、3月にハワイ島行き決定としました。

行きたい場所とやりたい事

ハワイの中で最大の島ハワイ島。通称ビッグアイランドと呼ばれており、大きさは大体四国の半分くらいです。四国の半分と言えば、小さいような気もしますが、1日で島を一周するのは無謀。やりたい事や行きたい場所を吟味して、その上で宿泊場所を決めておかないと限られた時間では回りきれません。というわけで、以下リストアップしました。

  • キラウエア火山観光
  • マウナケアで星空観賞
  • レインボーフォールズ
  • シュノーケリング
  • ドルフィンスイム
  • マンタスイム
  • ルアウショー観賞
  • ワイオピ渓谷観光

フライトの発着はコナですが、やはりキラウエア火山はコナから遠い……。子連れということもあり、余裕を持った旅程にするためには、島の東側のヒロにも宿泊した方が無難。でも雨が心配です。

で、考えた旅程

フライトの到着は22時。とても、ヒロまでは移動できそうにありませんので、空港から一番近い町であるカイルアに宿泊。出発は22時50分ですが、やはりコナ近辺に宿泊しておいたほうが、精神的に楽な気がしましたので、以下のような旅程を組みました。

1日目
夕刻:バンクーバー→コナ
レンタカーをピックアップ
カイルア宿泊

2日目
午前:カイルアで遊ぶ
午後:ケアウ(ヒロの南側)に移動。途中、オニヅカセンターとレインボーフォールズに立ち寄り
ケアウ泊

3日目
キラウエア火山観光
時間があったら、アハラヌイ・ビーチ・パークに立ち寄り
ケアウ泊

4日目
ワイコロアビレッジに移動。途中、ヒロの町、ワイオビ渓谷、ホノカアの町に立ち寄り
ワイコロアビレッジ泊

5日目、6日目
ワイコロアビレッジ滞在。シュノーケリングやその他アクティビティ

7日目
プウホヌア・オ・ホナウナウ国立公園観光、ショッピング
深夜:コナ→バンクーバー(機内泊)

毎日大忙しになりそうですが、その日の天候や疲れ具合なども考えながら旅を進めたいので、宿泊場所以外、あまり細かいことは決めず、オプショナルツアーも現地で申し込みすることにしました。これは毎度旅行のたびに、私がいつも旅程をガチガチに決めてしまって、大忙しになってしまうので、「たまにはのんびりさせろ」、という嫁さんからのクレームがあったことも付け加えておかなくてはいけません。

ホテル選び

旅のプランニングで一番おいしいところが、ホテル選びですよね。

さて、初日は寝るだけなので、なるべく空港に近く安いところを思い、モーテル的なものを探しましたが、モーテルはおろか、空港付近に宿泊施設は一切なし。結局カイルアの町まで移動する必要がありました。カイルアはコナの中心地なので、格安ホテルは皆無です。結局日本からのツアーでもよく使われるコナ・シーサイド・ホテルを選びましたが、お値段は1泊170ドルくらいでした。これでもカイルアでは良心的な価格です。さすがカイルア。

2日目から4日目の2泊は嫁さんの選択で、ヒロの南側、車で20分ほどの場所にあるケアウという町の外れの一軒家をVRBOでレンタル。ここを選んだのは、火山観光へのアクセスも理由ですが、私と嫁さんの好みの問題もあります。私はリゾートホテル滞在が好きですが、嫁さんは観光客の喧騒がお気に召さず、Airbnbで借りられるような一軒家やコテージが好み。VRBOはAirbnbと同じような民泊サイトですが、嫁さんの同僚や周りの評判を聞くと、Airbnbよりも物件のオーナーが関与が大きく、オーナーの質が高いとのことでした。

4日目から最終日までの3泊は私の希望で、ちょっと贅沢してワイコロアビレッジにあるキングス・ランド・バイ・ヒルトン・グランド・バケーションズとしました。3泊とはいえ、毎日レストランで食事をするような贅沢はできませんので、ワイコロアビレッジ内でもコンドミニアムスタイルのこのホテルをチョイス。

というわけで、計画と準備は万端です。
さて、次の投稿から、現地での様子を記していきます。

続く

ヒロとワイコロアビレッジに泊まるハワイ島旅行記 その2 コナ空港到着、コナ・シーサイド・ホテルにチェックイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です