ヒロとワイコロアビレッジに泊まるハワイ島旅行記 その6 ヒロを経由し北回りでワイコロアへ

ヒロの名所の一つ、スイサンでランチタイム

前回、アハラヌイ・ビーチ・パークへの立ち寄りで、島の東側の観光が終わりました。

前回の投稿↓
ヒロとワイコロアビレッジに泊まるハワイ島旅行記 その5 アハラヌイ・ビーチ・パーク

この旅行の4日目、島の北側を通ってワイコロアへ移動します。途中、ヒロとワイピオ渓谷に立ち寄りながらの移動となりました。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

動物園に立ち寄ったものの

ローカルの趣たっぷりの動物園の入園口

ヒロの郊外に無料の動物園があります。

パナエワ・レインフォレスト動物園

ヒロの町でランチタイムと考えていたので、無料(寄付制度)ということもあって、時間調整に立ち寄ったものの、当日は朝から雨模様。ヒロは雨が多いと聞いていましたが、ここまで全く降らなかったので、むしろラッキーだったのかもしれません。

ちょうど動物園に着いたときには、豪雨と言っても良いくらいで、トラがいるところまで行くものの、全く見えず、早々に退散。

園内で撮れた写真は入り口近くのこの池の写真だけ。

天気が良ければ、半日くらい過ごせそうですが、我々は15分の滞在でずぶ濡れになっただけでした。

ヒロの定番、スイサン

ヒロに着いても、相変わらずの雨。ヒロから先はしばらく大きな町もないので、ここでお昼を食べておかないといけません。ヒロでは食べる場所はいくらでもありますが、ザ・定番とも言える、スイサンでハワイ名物のポケを食べることにします。ポケ(ポキとも言います)はハワイ風のヅケ。生魚にネギ、玉ねぎ、海藻などを混ぜ、醤油やごま油に漬け込んだものです。

さて、スイサンは美味しいポケが食べられる魚屋として知られています。実際に来るまでは、大きな魚市場的なものを想像していたのですが、思ったよりも小さな魚屋さんでした。

その日のメニューが書き込まれたサインとショーケース

ショーケースにはポケと魚の切り身が並んでいます。

手番のアヒツナ(キハダマグロ)
サワラはオノの名前で並んでいます。
いろいろなポケが並んでいます。

このポケをご飯にのせてポケボウル(ポケ丼)として食べることができます。スイサンではポケ丼としても買うことができるので、好きなポケを選んで好みのポケ丼にすることができます。

アヒツナとスパイシーオノのポケ丼(手前)、アヒ、サーモンなどのミックスとスパイシーオノのポケ丼(奥)

写真では分かりづらいですが、ご飯はお茶碗2杯分以上はあり、女性では半分も食べられないもしれません。そばで食べていた日本からのツアーのお客さんは半分以上残していました。

味は日本人には馴染みやすいものなので、ぜひ味わっておきたいハワイ料理です。ちなみにスイサンの横にはホットドッグなどを売る軽食スタンドがあるので、魚が苦手な方はこちらで食べ物を買うことができます。グループの中に魚がダメな人がいても、大丈夫ですよ。

ワイピオに立ち寄って、ワイコロアへ

カイルア・コナからヒロまで島を横断してきたので、ワイコロア・ビレッジまでは、島の北側を通っていきます。

絶景ポイントと呼ばれるワイオピを経由しましたが、雨は一向に止む様子はなく、写真のように霧に煙る風景しか見られませんでした。

ワイピオ展望台より

また、いずれ戻ってこないといけませんね。

この後、島の西側に出ると、雨は上がり、ワイコロア・ビレッジでは虹が見えました。

ワイコロア・ビレッジの空にかかるダブル・レインボー

翌日からはワイコロア・ビレッジをベースに島の西側を周ります。

次の投稿↓

ヒロとワイコロアビレッジに泊まるハワイ島旅行記 その7 キングス・ランド・バイ・ヒルトン・バケーションズに投宿