市バスとフェリーで行く。自力でバンクーバーから日帰りビクトリア観光への行き方。オプショナルツアーとの価格差や時間のロスは?


今回のお題はバンクーバーからのオプショナルツアーの定番、「日帰りビクトリア1日観光」。12時間に及ぶ長いツアーで、ブッチャートガーデンやビクトリアのダウンタウンでの自由時間が含まれているのがほとんど。これを市バスなどの公共交通機関だけを利用して行った場合、どれくらい安くなるのか?また、時間のロスやその他のデメリットは?というテーマで考えてみます。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

ビクトリア1日観光の内容と料金

まず、比較対象となるビクトリア1日観光の基本的な内容と料金を確認してみましょう。

料金:210カナダドル
所要時間:12時間
含まれるもの:観光中の車両(バスまたはバン)、日本語ガイド、往復のフェリー乗船代、ブッチャートガーデン入園料、昼食、税金、チップ

料金は催行会社によって異なりますが、ほとんどの催行会社で210カナダドルが提示料金です。そして、大まかなスケジュールは下記の通り。

時間 スケジュール
7:00~7:30 ダウンタウン各ホテル出発
9:00~10:35 BCフェリー乗船
11:15~12:30 ブッチャートガーデン観光
13:15~15:30 昼食とダウンタウン自由散策
17:00~18:35 BCフェリー乗船
19:30 ダウンタウン各ホテル到着

ブッチャートガーデン観光の時間はツアーによって1時間~1時間半とばらつきがあります。庭園は1時間でぎりぎり回りきれる広さなので、できれば1時間半欲しいところ。

では、上のスケジュールに考慮した上で、自力で行く場合の方法と料金を見てみましょう。

バンクーバー・ダウンタウン~ツワッセンフェリーターミナルの移動

まずはフェリーターミナルのあるツワッセンまで移動。ツワッセンはダウンタウンから車で45分ほど南にあります。ここへの移動はスカイトレインのカナダライン(空港及びリッチモンド方面行き)と市バスを利用します。2012年2月現在のスケジュールだと、以下の通り。

平日 土日祝 駅/バス停 利用電車/バス
07:37 07:24 シティセンター駅 スカイトレイン・カナダライン
07:54 07:41 ブリッジポート駅
08:00 07:45 ブリッジポート駅 バス620系統
08:40 08:25 フェリーターミナル

料金は平日だと5カナダドル。土日祝だと2.50カナダドルです。スカイトレインや市バスのスケジュールの調べ方は、バンクーバーの観光地のほぼ全てにアクセス可能!バンクーバーの公共交通機関トランスリンクの記事をご参照ください。

ツワッセンフェリーターミナルに停車中のトランスリンクのバス。主要幹線のバスは2車体連結構造になっています。2台止まっているわけではありません。(C) Blue Works

週末の場合でも平日と同じスケジュールでの移動が可能ですが、夏場の週末はフェリーターミナルでのチケット売り場が込み合うことが多いので、このスケジュールがベストです。逆に平日の場合、朝は1時間に1本なので、これより前のバスだと07:40にターミナルに到着してしまい、1時間前のバスになることもあります。平日とはいえ、連休前の金曜日だとフェリーがものすごく込み合うことがあるので、ご注意ください。

BCフェリーにてツワッセン~スウォーツベイへ移動

ビクトリアへのツアーに欠かせないのがフェリー。ビクトリアはバンクーバー島に位置しているため、どうしても海を越えないといけません。橋もなく、他の手段は空路のみですが、空路を利用するとツアーより確実に高くなり、今回のテーマには合いません。空路についての説明はバンクーバー~ビクトリアを最速で移動!水上飛行機の長所、短所などを他の交通機関と徹底比較!の記事をご参照ください。

このフェリーですが所要時間は1時間35分。夏シーズンはほぼ毎時0分発で、冬場の閑散期などは奇数時間の2時間おきで毎時0分発になります。ビクトリアへのツアーの場合、09:00ツワッセン発10:35ビクトリア側のスウォーツベイ着のフェリーを利用します。料金はシーズンにより変動しますが、夏場は大体14~15カナダドルで、現在はこれに燃油サーチャージが70セントほど加算されています。詳しくはBCフェリー公式サイトにてご確認を。

フェリーの船室などの設備については、ビクトリア観光に欠かせない足、BCフェリーの座席、設備などの画像と考察をご参照ください。

スウォーツベイからブッチャートガーデンへ移動

ビクトリア側のフェリーターミナルはスウォーツベイというダウンタウンの北、車で30分ほどの場所に位置しており、ブッチャートガーデンは、このフェリーターミナルとダウンタウンの間に位置しています。ここからの移動はBCトランジットという市バスを利用します。2012年2月現在のスケジュールは以下の通り。

第一案 第二案 バス停 利用バス
11:00 11:30 スウォーツベイ バス81系統(11:00発)/バス70系統(11:30発)
11:57 Patricia Bay HWYとSayward Rd
12:02 Patricia Bay HWYとSayward Rd バス75系統(11:30発の場合のみ乗り継ぎ)
11:55 12:17 ブッチャートガーデン

第一案の11:00発がベストですが、仮にフェリーが遅れた場合、第二案の選択になり、途中乗り継ぎになります。70系統のバスはダウンタウン行きのエクスプレス。これを途中のPatricia Bay HWYとSayward Rdの交差点で降り、ブッチャートガーデン行きの75系統に乗り換えます。

料金をそのつど払わなくて良い1日券(Day Pass)の利用が便利。料金は$7.75ですが、バスに1回乗ると$2.50かかります。今回の行程では、うまく乗り継いでも3回はバスに乗ることになるので、パスを買っても25セントのみの損失となります。バスはお釣りをくれないので、乗るたびにちょうどの小銭を用意しなくてはいけませんし、そういった手間を考えるとパスの購入が無難だと思います。パスはフェリー内のギフトショップで売っています。バスの車内やフェリーターミナルでは買えませんので、お忘れなく。

因みにブッチャートガーデンの入場料(2012年)は1月上旬の16.35カナダドルから夏場(6/15~9/30)の29.60カナダドルまで大きく差があります。詳しくはブッチャートガーデン公式サイトにてご確認ください。

ここでブッチャートガーデン到着の時間をオプショナルツアーと比べてみると、到着時刻ですでに40分の差が出ています。フェリーからバスへの乗り換えのロスタイム、ブッチャートガーデンへのバスの所要時間などで大きくロスしてしまいます。ブッチャートガーデンで1時間以上時間を取ると、ダウンタウンでの滞在時間に大きく目減りしますが、とりあえず、ブッチャートガーデンで最適な滞在時間といえる1時間半の滞在と前提に進めます。

ブッチャートガーデンからダウンタウンへの移動

ダウンタウンへの同じくBCトランジットのバスを利用します。直行便を利用できる場合と

平日 日祝 バス停 利用バス
13:30 13:04 13:32 ブッチャートガーデン バス75系統
13:45 Patricia Bay HWYとSayward Rd
13:57 Patricia Bay HWYとSayward Rd バス70系統(平日の場合のみ乗り継ぎ)
14:21 13:46 14:12 ダウンタウン

平日は適当な時間にダウンタウン直行バスがなく、途中乗り継ぎになります。乗り換え場所はフェリーターミナルからブッチャートガーデンへの移動の際の場所と同じです。土曜日は直行便なのですが、13時か14時しかバスがありません。さすがに2時間ガーデンで取ってしまうと、後がきつくなるので、1時間としておきます。日曜日のスケジュールはベストですね。バス乗り換えの煩雑さを考えるなら、日曜発がベストですね。

オプショナルツアーだと13時過ぎにはダウンタウンに到着しているので、1時間のロスが出ています。ダウンタウンの滞在時間を重視するなら、ツアーと同じ17時のフェリー乗船はあきらめて、1本または2本後のフェリーにしてしまったほうが無理のないスケジュールが組めます。

ダウンタウンからスウォーツベイフェリーターミナルへの移動。

ダウンタウンにどれくらい滞在するかによるので、主だったフェリーターミナルへのバスの時刻を記しておきます。バスは全てフェリーターミナル直行のエクスプレス70系統です。

ダウンタウン スウォーツベイ バス運転曜日 乗船フェリー
15:12 16:12 平日 17:00発
15:37 16:37 土曜
15:40 16:40 平日
15:41 16:40 日曜
16:15 17:15 平日 18:00発
16:39 17:37 土曜
16:40 17:38 平日
16:41 17:40 日曜
17:20 18:15 平日 19:00発
17:41 18:38 土曜、日曜
17:47 18:42 平日

週末は平日に比べ本数が少ないのでご注意ください。

ツワッセンからダウンタウンへの移動

どのフェリーに乗っても、620系統のバスに乗って終点のブリッジポート駅まで行き、そこからスカイトレインのカナダラインに乗車するというルートは変わりません。620系統のバスは曜日に関わらず、毎時0分発で所要時間が30分から40分といったところ。スカイトレインは5~10分間隔で運行されているので、ほとんど待つことはありません。こちらはブリッジポート駅からダウンタウンまで15分程度。

仮にツアーと同じく17時のフェリーに乗った場合のスケジュールは以下の通り。

平日 駅/バス停 利用電車/バス
19:00 フェリーターミナル バス620系統
19:37 ブリッジポート駅
19:44 ブリッジポート駅 スカイトレイン・カナダライン
20:01 シティセンター駅

ツアーだと遅くとも19時半、早ければ19時15分くらいには戻ってこられますので、ここでもロスタイムが30~45分となります。

自力で行く場合とツアーの料金比較

ツアー 210カナダドル(昼食付き)

自力でいく場合 合計約80カナダドル(昼食なし)
*内訳・・・トランスリンク往復10カナダドル(週末の場合は-5カナダドル)、フェリー往復32カナダドル、ブッチャートガーデン約30カナダドル(シーズン最高値)、BCトランジット7.75カナダドル

昼食の有無という差がありますが、単純に130カナダドル安くなります。昼食は自分でいくらでも削れますからね。ただ、同じ行程で動いた場合、ビクトリアのダウンタウンで1時間、バンクーバー到着で最低30分のロスが出ます。もちろん、個人で動くわけですから、その分ビクトリアのダウンタウンでの時間をフェリーやバスのスケジュールが許す限り、いくらでも調整可能です。

ツアー選びのご参考になれば、幸いです!


「市バスとフェリーで行く。自力でバンクーバーから日帰りビクトリア観光への行き方。オプショナルツアーとの価格差や時間のロスは?」への2件のフィードバック

  1. とても分かりやすいガイドで、パッケージツアーと自力で行く方法の比較、素晴らしいです!有難うございます。
    ところで、ブッチャートガーデンの入場料は最高でも30ドルだと思うので、そうなると自力の方がかなり安いと思うのですが・・・?
    ちなみに、私は今度バンクーバー~シアトル~ビクトリア~バンクーバーの順番で個人旅行する予定です。ビクトリアのブッチャートガーデンでちょうど花火があるので自力で行く予定です。上手くバスに乗って帰れるとといいです。
    それと、ウィスラーに日帰りするか一泊するか悩んでいます。
    すみません、長くなりました。これからも情報楽しみにしています。

    1. mame様

      ブッチャートガーデンの料金について、ご指摘ありがとうございます。
      おっしゃる通り、シーズン最高値でも約30ドルですから、差は歴然ですね。記事も変更させていただきました。
      今後ともご愛読よろしくお願いします。

      管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です