2014年 メープル街道紅葉情報 <随時更新します>

アルゴンキン州立公園付近にて(C) Tourism Ontario
アルゴンキン州立公園付近にて(C) Tourism Ontario

今年度も紅葉シーズンがやってきました。各観光局などの情報を元に、紅葉の進み具合をお伝えしたいと思います。
※現在、オンタリオ州観光局の情報のみです。ケベック州は例年9月中旬に発表されます。 続きを読む

トロント空港からナイアガラの滝へ自分でアクセスする方法

(C) Niagara Falls / Alberto Mari
(C) Niagara Falls / Alberto Mari

世界有数の観光地であるナイアガラの滝。そして、最寄りの空港はカナダ最大の都市であるトロント。当然、シャトルバスも頻繁に運行されている・・・と思いきや、これが実は非常に不便。まず、時刻表があって決まった時間に出発するシャトルバスはないというのが最大の難点。その他にも手段はありますが、選択肢が非常に限られます。

今回はそんなトロントとナイアガラを結ぶ、アクセス事情についてご説明します。 続きを読む

トロント~モントリオールのエクスプレス線の使用機材はプロペラ機のダッシュ8(実際の機材は改良型のやや新しいタイプです)

トロント~モントリオールの移動、航空機、列車、バスを料金と所要時間で比較

toronto

カナダの一番大きな都市トロントと二番目に大きな町モントリオール。まさに経済の中心で、カナダの大動脈とも言える区間ですが、メープル街道の紅葉ツアーを始め、カナダの観光にも欠かせないルートのひとつです。

パッケージツアーで参加すれば、この区間は大半が航空機。または、変化を付けるためにVIA鉄道の利用といったところですが、長距離バスも高頻度で運行されており、自分で旅行するなら、バスも考慮に入れたいところ。

そんなわけで、今回の記事では、トロント~モントリオール間を移動するのに利用可能な、航空機、VIA鉄道、バスを比較していたいと思います。 続きを読む

quebec 100

バスとVIA鉄道を使って自力で行く、格安メープル街道の旅

quebec 100

カナダの秋といえば、メープル街道の紅葉ツアー。旅行会社からは数多くのパッケージツアーが出ていますが、たくさんの都市を回る周遊コースなので、添乗員同行で回る団体ツアーが主流です。そうなると、自由度が低いので、個人旅行で回れないのか?と考えたくなるのが人情。

カナダ東部はトロント、オタワ、モントリオールといった大都市があり、こうした都市を鉄道やバスが結んでいるので、これらをうまく使うことで、費用と時間を節約したプランニングが可能になります。

今回は交通費をできるだけ絞ったメープル街道の行程をご紹介します。 続きを読む

VIA鉄道周遊券(キャンレールパス)の徹底解説、その2東部編 VIA鉄道で行く格安メープル街道!

東部を走る路線は、VIA鉄道でも便数が多い。(C) VIA Rail

前回の投稿で、VIA鉄道周遊券を使ったカナダ全国を回る行程を組んでみましたが、今回は東部のみに絞った現実的な行程の紹介です。

Canrailpass – Corridor (キャンレールパス-コリドー)

このパスは東部近距離路線と呼ばれるオンタリオ州ウィンザーからケベック州ケベックシティまでが利用可能な範囲。片道7回分を有効期限10日間で使い切ります。その他の条件については、前回の投稿、並びに、以下の情報をご参照ください。 続きを読む

交通費$50以下!バンクーバーから自力で行くビクトリア。サンプル行程2014年夏バージョン

夏は大賑わいのビクトリア・インナーハーバー
夏は大賑わいのビクトリア・インナーハーバー

このサイトで紹介している記事では、「自力で行く」系の記事がアクセスをたくさんいただいておりますので、今回はバンクーバーからの日帰りビクトリア旅行で、より具体的なスケジュールをご紹介したいと思います。

※行程は2014年夏シーズンのものに基づいています。 続きを読む

056

シアトルの観覧車、シアトルグレートホイール

056

久々にシアトルに行きまして、そこで乗ったのが、港にある観覧車「シアトル・グレート・ホイール(Seattle Great Wheel)」。2012年にオープンした観覧車ですが、私は数年ほどシアトルはご無沙汰だったので、見るのも乗るのも初めてでした。乗ってみた感想を記しておきたいと思います。 続きを読む

Japan Trip 085

ファーストキャビン秋葉原に泊まってみた。

Japan Trip 090

ファーストキャビンは秋葉原、大阪難波、京都烏丸、羽田空港第一ターミナルに展開し、カプセルホテルとビジネスホテルの中間的な存在として、一風変わった作りの宿泊施設です。東京、大阪、京都という大都市のど真ん中という交通至便なロケーションに加え、カプセルよりも格段に居住性が良いということで、以前から興味あり。 続きを読む

056

オーロラ観光の玄関口。ホワイトホース空港完全ガイド

055

最初にお断りなんですが、上の写真のように、この空港ものすごく小さいです。地方のバスターミナル並の大きさ。
とはいえ、旅行で初めて来られる方にしてみたら、どんなところかのか、とりあえず知っておきたいところ。それに、この空港には公式サイトというものが存在せず、ユーコン準州政府サイト内で紹介されているに過ぎず、あまりに情報量が少な過ぎ。

というわけで、たとえバスターミナル並の大きさでも、この空港(正確には「エリック・ニールセン・ホワイトホース国際空港」)を隅から隅までご紹介したいと思います。 続きを読む

シアトル~バンクーバーには、どんなアクセスがある?

成田~シアトル線に利用される、全日空のボーイング787 (C) All Nippon Airways B787-8.jpg - スカイライナー
成田~シアトル線に利用される、全日空のボーイング787 (C) All Nippon Airways B787-8.jpg – スカイライナー

バンクーバーへは成田から直行便が飛んでおり、3月終わりには羽田からの全日空も就航するため、1日3便のフライトがあるのですが、それでもピークシーズンにはかなり取りづらくなります。そんな時には経由便を利用することになるのですが、その候補の一つがシアトル経由。成田から全日空とデルタ航空。そして、デルタ航空は羽田からの便もあります。そんなシアトルはバンクーバーに最も近いアメリカの大都市ということで、様々なアクセス方法があります。

今回は、そのシアトル~バンクーバーのアクセス方法についてご紹介します。 続きを読む

全日空がバンクーバー線に参入!日本航空、エアカナダと料金、スケジュールを比較

全日空の羽田~バンクーバー線に投入されるボーイング767-300ER
全日空の羽田~バンクーバー線に投入されるボーイング767-300ER

羽田の昼間枠拡大を受けて、全日空(ANA)は羽田~バンクーバー線の開設を決定。2014年3月30日就航の予定です。

概略はこちらで >>> 羽田からカナダへ。エアカナダと全日空が直行便を就航

これまで、日本航空とエアカナダが成田~バンクーバー便を運航しており、羽田、成田という違いはあれど、競合路線と考えてよいでしょう。

今回はこの羽田線と成田線の料金とスケジュールを比較してみたいと思います。 続きを読む