復活する関空線に就航するエアカナダ・ルージュのコスパを検証

エアカナダ・ルージュの機体。関空路線のものとは機種が異なります。(C)"Air Canada Rouge A319" by Yan Gouger - Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons - http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Air_Canada_Rouge_A319.png#mediaviewer/File:Air_Canada_Rouge_A319.png
エアカナダ・ルージュの機体。関空路線のものとは機種が異なります。(C)”Air Canada Rouge A319″ by Yan Gouger – Own work. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Wikimedia Commons – http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Air_Canada_Rouge_A319.png#mediaviewer/File:Air_Canada_Rouge_A319.png

6年半前に休航になったエアカナダの関空~バンクーバー路線。今年の5月から週5便体制で10月下旬までの夏シーズンの季節運航で復活します。ただし、今回の関空路線はエアカナダが新たに立ち上げた、「エアカナダ・ルージュ」という新ブランド。これ、わかりやすく言うと、LCCです。機内エンタメがないとか、座席が狭いとか、通常のフルサービス路線とかなり色合いが異なります。

エアカナダ・ルージュの関空路繊については、先日オールアバウトで執筆した、下記記事をご参照ください。

6年半ぶりの復活!エアカナダ関空~バンクーバー線 続きを読む

バンクーバー~ビクトリアを最速で移動!水上飛行機の長所、短所などを他の交通機関と徹底比較!

バンクーバー~ビクトリアの水上飛行機を運行するハーバーエアの水上飛行機 (C) Tourism Vancouver, Harbour Air

日本ではイマイチ馴染みのない水上飛行機ですが、カナダでは海沿いはもちろんのこと、内陸部でも湖や河川が多いため、水上飛行機が活躍しています。観光で考えた場合、最も利用価値の高いのが、ビクトリアからバンクーバーへの移動。他の交通手段と比較して、その特徴をご紹介します。

長所

他の追随を許さない圧倒的な速さが自慢です。水上飛行機だと移動時間は30~35分で、しかもターミナルはダウンタウン内といっても良いほどの立地条件。他の交通手段と比較して、その差を確認してみましょう。
続きを読む

ビクトリア空港アクセスガイド。市バス、シャトル、タクシーで比較。

ビクトリア空港の外観。ターミナルはバスステーションかと思うほど小規模 (C) Ryan Bushby (H at en.wikipedia) (Transferred from en.wikipedia.) [CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)], via Wikimedia Commons
ビクトリア空港の外観。ターミナルはバスステーションかと思うほど小規模 (C) Ryan Bushby (H at en.wikipedia) (Transferred from en.wikipedia.) [CC BY 2.5 (http://creativecommons.org/licenses/by/2.5)], via Wikimedia Commons

バンクーバーからフェリーでアクセスすることも多いビクトリアですが、カルガリーなどからの直行便での到着など、フライトでの到着パターンもあります。今回はそのビクトリア空港とダウンタウンのアクセスについてご紹介します。 続きを読む

バンクーバーからビクトリアへの一番お手軽な移動手段。バスごとフェリーに乗るから便利で確実!パシフィックコーチラインズ

前回の記事で、市バスなどの公共交通機関を使ってビクトリアまで自力で行く方法をご紹介しましたが、今回の記事ではバンクーバーからビクトリア直行の長距離バス、パシフィックコーチラインズをご紹介します。 続きを読む

ビクトリアのインナーハーバーを海上移動。ビクトリアハーバーフェリー

エンプレスホテル前を行く、ハーバーフェリー。
エンプレスホテル前を行く、ハーバーフェリー。

英国情緒あふれる町、ビクトリア。その中心地といえば、インナーハーバーで、水上飛行機やホエールウォッチングのボートが行きかう忙しい港です。その周囲には町の見どころである州議事堂やロイヤルBC博物館などが立ち並び、アフタヌーンティーで有名なエンプレスホテルも、この港に面したロケーション。

ビクトリア宿泊で中心地に宿泊できれば良いのですが、インナーハーバー沿いにもデルタオーシャンポイント、コーストハーバーサイドといったホテルが立ち並びます。歩いて移動することも可能な距離ですが、その移動でおススメしたいのが、今回ご紹介するビクトリアハーバーフェリー。海上移動することで、ちょっとした港巡りの気分も味わえます。 続きを読む

イエローナイフのオーロラ観賞に自力で行くと料金は安くなる? 2014-15年版

レベル4や5などのオーロラなら市街地でも見えますが、やはりオーロラ観賞は郊外に行かないとよく見えません。 (C) Xander – Northern Lights at Yellowknife, NWT, Canada

毎年アップしている「オーロラ観賞地として知られるイエローナイフに自力で行ったら、どうなるのか?」というお題ですが、情報を2014年~15年シーズンに更新しました。

では、以下検証してみましょう。 続きを読む

2014年 メープル街道紅葉情報 <随時更新します>

アルゴンキン州立公園付近にて(C) Tourism Ontario
アルゴンキン州立公園付近にて(C) Tourism Ontario

今年度も紅葉シーズンがやってきました。各観光局などの情報を元に、紅葉の進み具合をお伝えしたいと思います。 続きを読む

トロント空港からナイアガラの滝へ自分でアクセスする方法

(C) Niagara Falls / Alberto Mari
(C) Niagara Falls / Alberto Mari

世界有数の観光地であるナイアガラの滝。そして、最寄りの空港はカナダ最大の都市であるトロント。当然、シャトルバスも頻繁に運行されている・・・と思いきや、これが実は非常に不便。まず、時刻表があって決まった時間に出発するシャトルバスはないというのが最大の難点。その他にも手段はありますが、選択肢が非常に限られます。

今回はそんなトロントとナイアガラを結ぶ、アクセス事情についてご説明します。 続きを読む

トロント~モントリオールの移動、航空機、列車、バスを料金と所要時間で比較

toronto

カナダの一番大きな都市トロントと二番目に大きな町モントリオール。まさに経済の中心で、カナダの大動脈とも言える区間ですが、メープル街道の紅葉ツアーを始め、カナダの観光にも欠かせないルートのひとつです。

パッケージツアーで参加すれば、この区間は大半が航空機。または、変化を付けるためにVIA鉄道の利用といったところですが、長距離バスも高頻度で運行されており、自分で旅行するなら、バスも考慮に入れたいところ。

そんなわけで、今回の記事では、トロント~モントリオール間を移動するのに利用可能な、航空機、VIA鉄道、バスを比較していたいと思います。 続きを読む

バスとVIA鉄道を使って自力で行く、格安メープル街道の旅

quebec 100

カナダの秋といえば、メープル街道の紅葉ツアー。旅行会社からは数多くのパッケージツアーが出ていますが、たくさんの都市を回る周遊コースなので、添乗員同行で回る団体ツアーが主流です。そうなると、自由度が低いので、個人旅行で回れないのか?と考えたくなるのが人情。

カナダ東部はトロント、オタワ、モントリオールといった大都市があり、こうした都市を鉄道やバスが結んでいるので、これらをうまく使うことで、費用と時間を節約したプランニングが可能になります。

今回は交通費をできるだけ絞ったメープル街道の行程をご紹介します。 続きを読む

VIA鉄道周遊券(キャンレールパス)の徹底解説、その2東部編 VIA鉄道で行く格安メープル街道!

東部を走る路線は、VIA鉄道でも便数が多い。(C) VIA Rail

前回の投稿で、VIA鉄道周遊券を使ったカナダ全国を回る行程を組んでみましたが、今回は東部のみに絞った現実的な行程の紹介です。

Canrailpass – Corridor (キャンレールパス-コリドー)

このパスは東部近距離路線と呼ばれるオンタリオ州ウィンザーからケベック州ケベックシティまでが利用可能な範囲。片道7回分を有効期限10日間で使い切ります。その他の条件については、前回の投稿、並びに、以下の情報をご参照ください。 続きを読む