バスとVIA鉄道を使って自力で行く、格安メープル街道の旅

quebec 100

カナダの秋といえば、メープル街道の紅葉ツアー。旅行会社からは数多くのパッケージツアーが出ていますが、たくさんの都市を回る周遊コースなので、添乗員同行で回る団体ツアーが主流です。そうなると、自由度が低いので、個人旅行で回れないのか?と考えたくなるのが人情。

カナダ東部はトロント、オタワ、モントリオールといった大都市があり、こうした都市を鉄道やバスが結んでいるので、これらをうまく使うことで、費用と時間を節約したプランニングが可能になります。

今回は交通費をできるだけ絞ったメープル街道の行程をご紹介します。

※料金はセントの単位を四捨五入しています。また、スケジュールと料金は2014年7月現在のものです。

※投稿内容は執筆時の情報に基づいています。

スポンサーリンク

日程

1日目 成田/羽田 → トロント空港 → ナイアガラの滝

やっぱり、一度は夜のナイアガラを見ておきたい!そこで、ナイアガラの滝まで移動します。
トロント空港からナイアガラへのバスはなく、送迎サービスを利用する以外方法がありません。一番大手はナイアガラ・エアバスという会社なのですが、ここは集まった人数や行き先により料金が一定せず、申し込みが非常に面倒なので、使いません。
ここは無難に日系の旅行会社を使ったほうが無難でしょう。たとえば、ショーフレックスという会社の送迎サービスだと片道$78なので、この料金をベースに考えます。

費用:
トロント空港~ナイアガラ送迎 $78.00

2日目 ナイアガラ → トロント → (車中泊)

ツアーで回ることもできますが、あくまで自分で楽しむということで、ナイアガラのシャトルバスWEGOを利用。ナイアガラの滝の遊覧船ホーンブロワーツアーズの乗船料金を見込んでおきます。

夕刻、トロントへ移動。ここは普通のハイウエイバスを使います。

16:30 ナイアガラ発 → 18:30 トロント着

※16:30のバスを利用することにしていますが、17:45発、19:30発など、結構高頻度で運行されているので、トロントでは乗り換えだけにして、ナイアガラでの滞在時間を長くするのも可能です。

トロントで夕食を食べたり、夜の街を楽しんだら、夜行バスでモントリオールへ向け出発。

00:30 トロント発 →(車中泊)

費用:
ナイアガラシャトルWEGO $7.00
ホーンブロワーツアーズ 約$23.00
コーチカナダ、ナイアガラの滝~トロントのバス、トロント~モントリオールの夜行バス 約$50.00

※バスはmegabus.comにて予約可能です。ナイアガラ~トロントのバスが$10前後、トロント~モントリオールのバスが$34.00で、これに税金と予約手数料がかかると、大体$50くらいになります。ちなみに、このサイトは最大手のバス会社Coach Canadaによって運営されていて、ナイアガラ、トロント、モントリオールなどの長距離バス路線の予約が可能です。

3日目 モントリオール → ケベックシティ

(車中泊)→ 06:40 モントリオール着

モントリオール着後、朝食時間をはさんで、VIA鉄道でケベックシティへ。

09:00 モントリオール発 → 12:19 ケベックシティ着

モントリオールからはバスでケベックシティに向かうこともできますが、トロントからモントリオールへのバスとはバス会社が異なり、乗り場も違います。

夜行バス、モントリオール到着地点

トロントからのバスはVIA鉄道のモントリオール・セントラル駅に程近いので、ここは旅にアクセントを付ける意味もこめて、鉄道をチョイス。ケベックからモントリオールへの帰りにバスを利用します。

モントリオールのバスステーション、鉄道とバスの比較については、以下の記事もご参照ください。

モントリオール~ケベック間の移動。バスと鉄道を比較

ケベックシティ到着後、世界遺産ケベックシティを存分に楽しみましょう。

費用:
VIA鉄道(エコノミークラス)モントリオール → ケベックシティ $84.00

4日目 ケベックシティ → モントリオール

ケベックシティから、今度はオルレアンエクスプレスのバスでモントリオールに戻ります。

09:30 ケベックシティ発 → 12:30 モントリオール着

モントリオール到着後、市内の見どころを楽しみましょう。市内のほとんどの場所は地下鉄で回れます。また、バスステーションも地下鉄の前なので、ホテルへの移動も地下鉄が便利。地下鉄の運賃は一律$3.00。1日券が$10.00なので、ホテル移動や観光を考えると、1日券が便利でお得。なので、1日券も料金に見込んでおきます。
ケベックシティからのバスは1時間に1本以上あるので、ケベックシティとモントリオールの時間配分を考えて、変更可能です。

費用:
ケベックシティ~モントリオールのバス $57.00
モントリオール地下鉄1日券 $10.00 

5日目 モントリオールからのローレンシャン高原1日日帰り観光

メープル街道最大の見どころであるローレンシャン高原。ただ、路線バスなどのアクセスが極めて限られる(こちらの記事参照)ので、ここはツアーを使うことにします。

ツアーはグレイラインのバスツアーが一番一般的ですが、紅葉の時期である9月、10月でも水~土曜の4日間のみの運行。夏場は木曜と土曜のみの運行なので要注意。ツアーは8時から18時の10時間観光で、トランブランやサンソヴェールなどのポイントはもちろん、50分間のクルーズにも乗ります。

費用:
ローレンシャン高原観光 $100.00 

6日目 モントリオールから帰国へ

モントリオールから日本への直行便はないので、トロントまたはバンクーバー経由で帰国となります。いずれの場合でも同日乗り継ぎ可能です。

モントリオール空港へはSTM747系統バスが便利で、料金も$8.00と安いのでおススメ。詳細はモントリオール空港アクセスガイド。安くて便利な747系統バスとタクシーの使いどころを検証の記事をご参照ください。

費用:
空港行きのバス $8.00 

費用総額を算出

まず、上であげた交通費を合算してみましょう。

交通費総額 $417.00

ホテルは使うカテゴリーにより大幅に開きがありますが、以下を条件に税込み料金を算出します。

  • 宿泊するのに問題ないレベルのスタンダードクラスホテル
  • 9月25日ごろ宿泊
  • 2名1室で1人分の料金

そうすると、大体相場はこれくらいです。

ナイアガラ $90
ケベックシティ $150.00
モントリオール $120.00×2=$240.00
総額 $480.00

次に食事代をざっと考えてみます。

朝食 $10.00×5=$50.00
昼食 $15.00×4=$60.00
夕食 $30.00×5=$150.00
総額 $260.00

そして、全部の総額が$1157.00です。円にすると、本日のレートで118,000円ほど。

これにフライトを加算するわけですが、エアカナダのサイトで検索したところ、成田→トロント、モントリオール→トロント→成田という経路で、15万~16万円といったところでした。

というわけで、合計280,000円。

金額としては、決して安くはないのですが、メープル街道の紅葉ツアーは、9月下旬のトップシーズンだと35万円以上が主な価格帯になり、30万を切ったツアーはほとんどお目にかかれません。
また、食事やホテルを切り詰めれば、さらに1万円くらいは詰められると思います。

とにかく安く行きたいとお考えの方のご参考になれば、幸いです。